砂質浅耕土地帯におけるダイズ「エンレイ」の収量向上のための生育指標


[要約]
砂質浅耕土地帯におけるダイズ「エンレイ」で400kg/10aの子実重を得るには、稔実莢数が750莢/m2程度必要で、そのためには、地上部乾物重を播種後1ヶ月に50g/m2程度、開花期に200 g/m2程度に誘導する。地上部乾物重は主茎長と一次分枝数で推定できる。

[キーワード]エンレイ、砂質浅耕土、子実重、稔実莢数、地上部乾物重、生育指標

[担当]富山農総セ・農研・栽培課
[代表連絡先]電話:076-429-5280
[区分]関東東海北陸農業・北陸・水田作畑作
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
富山県では1990年頃までダイズの収量は高位安定しており、全国でも有数の単収をあげていたが、近年は収量低下が著しい。生産者の所得を安定させるためにも、再び、収量を向上することが重要課題となっている。収量が低迷している要因の一つとして、長期田畑輪換による地力の低下や湿害による生育量不足があげられる。このことから、砂質浅耕土地帯で栽培されるダイズの収量と稔実莢数との関係を明らかにするとともに、収量の高位安定化のための生育指標を策定する。

[成果の内容・特徴]
1. 稔実莢数と子実重との間には正の相関関係があり、400kg/10aの子実重を得るためには、m2当たり稔実莢数750莢程度確保する必要がある(図1)。
2. 播種後1ヶ月に50g/m2程度、開花期に200 g/m2程度、最大繁茂期に700 g/m2程度の地上部乾物重を確保すると、m2当たり750莢程度の稔実莢数を得ることができる(図2図3)。
3. 播種後1ヶ月及び開花期の地上部乾物重は主茎長、一次分枝数及び栽植密度を用いた
Y=(0.1461・x1+2.8380・x2)・x3−17.4315
1:主茎長(cm)、x2:一次分枝数(本/本)、x3:栽植密度(本/m2)
により推定することができる(図4)。

[成果の活用面・留意点]
1. 砂質浅耕土地帯のダイズ「エンレイ」に適用できる。
2. 5月6半旬から6月2半旬に播種されたデータを用いた。
3. 目標とするm2当たり稔実莢数750莢を得るためには、播種前に牛ふん堆肥1t/10aと発酵鶏ふん100kg/10aを施用する等地力増進を図った上で、栽植密度15.9〜18.5本/m2、基肥(側条)施用量を窒素成分で3kg/10a程度とすることが有効である。

[具体的データ]
図1 稔実莢数と子実重の関係(2007〜2009年)図2 莢数レベル別の地上部乾物重の推移
図3 播種後1ヶ月及び開花期の
地上部乾物重と稔実莢数の関係図4 播種後1ヶ月と開花期における主茎長と一次分枝数による乾物重の推定
[その他]
研究課題名:根圏環境の改善と生育診断による北陸産大豆の多収栽培技術の開発
予算区分:実用技術
研究期間:2007〜2009年度
研究担当者:南山 恵、杉森史郎、川口祐男、北條綾乃、中村一要、松島知昭、守田和弘

目次へ戻る