届出伝染病

仮性皮疽(pseudofarcy in horses)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:

1.原因

 

 温度依存性の二形性真菌であるHistoplasma capsulatumによる感染症。H.capsulatumにはvar.capsulatum、var.duboisiiおよびvar.farcinosumの3亜種が知られており、家畜衛生分野で問題になるのは、主にvar.farcinosumである。

 

 

2.疫学

 

 地中海沿岸地方、アフリカ、アジア、ロシアなどに分布しており、馬科、ラクダ科動物への感染が知られている。病変部からの汚染膿汁や、汚染馬具に接触して蔓延伝播する。またハエ、アブなどによる機械的伝播も起こると考えられる。

 

 

3.臨床症状

 

 主要病変部位は四肢、頸部で、皮下のリンパ管が腫大し、痛みを伴わない念珠状膿瘍を形成する。進行すると病変部に潰瘍をつくり、鼻粘膜等にも波及する。二次的に肺炎や結膜炎を引き起こすこともあるが、筋肉、骨への感染像はないとされる。

 

 

4.病原学的検査

 

 病巣部滲出液、膿汁、痂皮などの塗抹標本の鏡検による酵母用真菌の確認、および分離培養により診断する。しかし、本真菌はBSL3に区分されるため取り扱いには注意が必要である。培地上での発育は遅く分離培養は困難であることから、近年は分子生物学的手法による診断が試みられている。

 

 

5.抗体検査

 

 実用的な検査法はない。

 

 

6.予防・治療

 

 病巣部の切開・排膿と消毒が行われる。予防のためには感染馬の隔離、媒介昆虫の駆除、馬に接触する器材の消毒など行われる。

 

 

7.発生情報

 

 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

8.参考情報

 

 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第3版(近代出版)、人獣共通感染症初版(医薬ジャーナル社)、家畜伝染病ハンドブック(朝倉書店)



編集:動物衛生研究部門

(令和3年12月 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛伝染性リンパ腫
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口内炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ症
  20. 20 トリコモナス症
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 ヘンドラウイルス感染症
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ症
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚テシオウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 鶏伝染性気管支炎
  58. 58 鶏伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鳥結核
  62. 62 鳥マイコプラズマ症
  63. 63 ロイコチトゾーン症
  64. 64 あひるウイルス性肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア症
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ症

ページの先頭へ↑