届出伝染病

羊痘(sheep pox)

牛鹿馬めん羊山羊豚家きんその他家きんみつばちその他家畜
対象家畜:めん羊

1.原因

 

 原因はポックスウイルス科(Poxviridae)カプリポックスウイルス属(Capripoxvirus)羊痘ウイルス(Sheep pox virus)で、ゲノムは約154kbの2本鎖DNAである。感染性ウイルス粒子は300 x 270 x 200nmのれんが状で、血清型は単一である。株により病原性は異なり羊のみ、山羊のみ、両方に感染する株があるためSGPV(Sheep Pox and Goat Pox Virus)と総称される(山羊痘参照)。本ウイルスは、乾燥、酸アルカリに強い耐性を持つ。

 

 

2.疫学

 

 年齢、性別および品種に関わらず発生する。病変部に大量のウイルスを含み直接接触およびエアロゾル吸入による気道感染で伝播する。昆虫等による機械的伝播も想定される。

 

 

3.臨床症状

 

 初期は、鼻炎や結膜炎を伴う熱発および麻痺を主徴とする。特徴的な赤みがかった丘疹が、熱発2日後程度から鼻孔、唇、頬面窩洞上部、その他に出現する(写真1写真2)。治癒経過は長く、5〜6週を要する。子羊は急性経過で重症化し、致死率は50%〜100%である一方、成獣では5%〜50%にとどまる。臨床症状は、株の病原性、宿主および環境に影響され、雌羊は流産および乳房炎を併発する。

 

 

4.病理学的変化

 

 皮膚病変は古典的ポックスサイクル(紅斑→丘疹→小嚢→膿疱→滲出)を辿る。斃死獣では喉粘膜、気管の炎症、肺表面の赤色斑、腎や肺実質の灰白色パッチおよび出血性腸炎が認められる。

 

 

5.病原学的検査

 

 斃死獣では臓器(特に肺、リンパ節および気管や第一胃の病巣等)を材料としたウイルス分離、電子顕微鏡によるウイルス粒子の検出および光学顕微鏡による封入体の検出が行われる。また、血液や組織乳剤を用いた寒天ゲル内免疫沈降反応(AGID)、ELISAおよびPCRが行われる。

 

 

6.抗体検査

 

 ウイルス中和試験、間接蛍光抗体試験、ウエスタンブロットおよびELISAが行われる。また、間接蛍光抗体試験やAGIDは、伝染性膿疱性皮膚炎ウイルスと交差反応する。

 

 

7.予防・治療

 

 摘発淘汰を基本とする。

 

 

8.発生情報

 

 監視伝染病の発生状況(農林水産省)

 

 

9.参考情報

 

 獣医感染症カラーアトラス第2版(文永堂)、動物の感染症第4版(近代出版)、家畜伝染病ハンドブック(朝倉書店)



編集:動物衛生研究部門

(令和3年12月 更新)

  1. 01 ブルータング
  2. 02 アカバネ病
  3. 03 悪性カタル熱
  4. 04 チュウザン病
  5. 05 ランピースキン病
  6. 06 牛ウイルス性下痢
  7. 07 牛伝染性鼻気管炎
  8. 08 牛伝染性リンパ腫
  9. 09 アイノウイルス感染症
  10. 10 イバラキ病
  11. 11 牛丘疹性口内炎
  12. 12 牛流行熱
  13. 13 類鼻疽
  14. 14 破傷風
  15. 15 気腫疽
  16. 16 レプトスピラ症
  17. 17 サルモネラ症
  18. 18 牛カンピロバクター症
  19. 19 トリパノソーマ症
  20. 20 トリコモナス症
  21. 21 ネオスポラ症
  22. 22 牛バエ幼虫症
  23. 23 ニパウイルス感染症
  24. 24 馬インフルエンザ
  25. 25 馬ウイルス性動脈炎
  26. 26 馬鼻肺炎
  27. 27 ヘンドラウイルス感染症
  28. 28 馬痘
  29. 29 野兎病
  30. 30 馬伝染性子宮炎
  31. 31 馬パラチフス
  32. 32 仮性皮疽
  33. 33 伝染性膿疱性皮炎
  34. 34 ナイロビ羊病
  35. 35 羊痘
  36. 36 マエディ・ビスナ
  37. 37 伝染性無乳症
  38. 38 流行性羊流産
  39. 39 トキソプラズマ症
  40. 40 疥癬
  41. 41 山羊痘
  42. 42 山羊関節炎・脳炎
  43. 43 山羊伝染性胸膜肺炎
  44. 44 オーエスキー病
  45. 45 伝染性胃腸炎
  46. 46 豚テシオウイルス性脳脊髄炎
  47. 47 豚繁殖・呼吸障害症候群
  48. 48 豚水疱疹
  49. 49 豚流行性下痢
  50. 50 萎縮性鼻炎
  51. 51 豚丹毒
  52. 52 豚赤痢
  53. 53 鳥インフルエンザ
  54. 54 低病原性ニューカッスル病
  55. 55 鶏痘
  56. 56 マレック病
  57. 57 鶏伝染性気管支炎
  58. 58 鶏伝染性喉頭気管炎
  59. 59 伝染性ファブリキウス嚢病
  60. 60 鶏白血病
  61. 61 鳥結核
  62. 62 鳥マイコプラズマ症
  63. 63 ロイコチトゾーン症
  64. 64 あひるウイルス性肝炎
  65. 65 あひるウイルス性腸炎
  66. 66 兎出血病
  67. 67 兎粘液腫
  68. 68 バロア症
  69. 69 チョーク病
  70. 70 アカリンダニ症
  71. 71 ノゼマ症

ページの先頭へ↑