傷害サツマイモ中毒

 

毒物の所在

サツマイモ(Ipomoea batatas)は、害虫の食害やかび(Ceratocysits fimbriata、Fusarium oxysporum、F. solaniなど)の発生に反応して、イポメアマロン(iopmeamarone)、イポメアニン(ipomeanine)、1-イポメアノール(ipomeanol)、4-イポメアノール、1,4-イポメアジオール(ipomeadiol)などのファイトアレキシンを産生する。サツマイモの障害を受けた部分は黒変し、その部位にファイトアレキシンが蓄積する。  

カビの発生初期はイポメアマロンが生成されるが、次第にイポメアニンが生成され、これが還元されてイポメアノール、イポメアジオールとなる.

毒性

4-イポメアノールなどは肺のシトクロムP-450で代謝され、これが肺組織の細胞機能障害を起こす(3-メチルインドールによる牛の急性肺水腫と同様の機序)。

イポメアマロンは肝毒性を有する。

マウスに対する経口急性毒性は、イポメアマロンが230 mg/kg、4-イポメアノールが38 mg/kgである。

中毒症状

呼吸困難、頻呼吸、泡沫性流涎

病理所見

肺の重度出血、間質性肺気腫、肺水腫、マクロファージ・巨細胞浸潤

診断

黴びたり、傷んだりしたサツマイモの給与。

臨床症状および病理所見

薄層クロマトグラフィー(HPTLC)による 4-イポメアノール、イポメアマロン等の検出

紫色がイポメアマロン。胃内容抽出物のRf値は標準品とわずかにずれている。ただし、呈色の状態から、類縁物質、代謝産物の可能性がある。

文献

・Foodborne disease handbook. Volume 3: Plant toxicants (2001) Marcel Dekker, Inc. pp118-122.
・石井択径ら 2012. 腐敗甘薯中毒事例におけるサツマイモからの イポメアマロンの検出. 日獣会誌 65: 355-359.

 

 

(最終更新:2019.5.20)文章の修正:文献およびTLCの図を追加


「その他」の目次へ戻る

目次へ戻る

トップページへ戻る

本情報の無断転載を禁じます
農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門