トウモロコシの病害 (2)


ひょう紋病(hyoumon-byo) Zonate leaf spot
病原菌:Gloeocercospora sorghi Bain et Edgerton ex Deighton、不完全菌
 主にスィートコーンで発生するが、被害は少ない。盛夏に発生し、病斑は黒褐色で、葉縁から広がり楕円形となることが多い。ある程度広がると輪紋状病斑となる。高温高湿条件になると、葉の表面にピンク色の粘塊状の分生子塊を形成し、これが風雨などで飛散してまん延する。病斑が古くなると、罹病組織内に小さな菌核を形成して越冬し、翌年の伝染源となる。病原菌はオーチャードグラスやチモシーのものと同種だが、寄生性が異なる。


いもち病(imochi-byo) Blast
病原菌:Pyricularia grisea (Cooke) Saccardo (=Magnaporthe grisea (T.T.Hebert) Yaegashi et Udagawa)、子のう菌
 主に温室内の幼苗で発生する斑点性の糸状菌病。葉に紡錘形、灰白色の病斑を生じ、温室内ではまれに多発するが、圃場では刈り取り後に再生したひこばえで発生することがある。病原菌はメヒシバのいもち病菌とされるが、イネやシコクビエのいもち病菌も関与しているなど、生態はまだ良く分かっていない。


褐斑病(katsujo-byo) Eye spot
病原菌:Kabatiella zeae Narita et Y.Hiratsuka、不完全菌
 冷涼地で被害の大きい糸状菌病。葉や葉鞘に、中央部灰白色、周縁部褐色、円形、大きさ1ー3mmの病斑を多数形成する。病斑部を日に透かしてみると、周囲に淡黄色水浸状のかさができているのが特徴である。特に風当たりの強いところで発生が多い。病原菌は比較的低温で良く生育し、寄主範囲は狭い。


褐条べと病(katsujo-beto-byo) Brown stripe downy mildew
病原菌:Sclerophthora rayssiae Kenneth, Kaltin et Wahl var.zeae Payak et Renfro、卵菌
 日本でトウモロコシに発生している唯一のべと病。梅雨期に入ると、黄色〜黄褐色、葉脈で区切られ、長方形〜条状、長さ0.5〜2cm、幅3ー7mmの病斑が現れる。後にこの病斑が長く延びて、赤紫色になり、葉全体が枯死する。発生は下葉にとどまることが多く、被害は現在のところ,あまり大きくはない。発生には土壌温度30℃前後が好適である。病原菌はメヒシバ類にも寄生するとされる。


腰折病(koshiore-byo) Pythium stalk rot
病原菌:Pythium aphanidermatum (Edson) Fitzpatrick、卵菌
 初め関東地方で発生し、その後東北などで散発している糸状菌病。2012年には九州大豪雨の直後に多発した。6月末頃草丈が1mぐらいに達した時点から発生が始まり、地際部のすぐ上の稈の表面が暗褐色水浸状に変色し、急速に稈内部に腐敗が及ぶ。褐色、紡錘形の病斑を表面に生じることもある。すぐに稈は軟化腐敗し、その部分から捻れるようにして倒れる。病原菌は罹病組織上で遊走子のうを形成し、遊走子を出して広がる。高温(特に30℃以上)多湿条件下で発生し、出穂前後の若い植物が罹病することが多い。


黒穂病(kuroho-byo) Smut
病原菌:Ustilago maydis (de Candolle) Corda、担子菌
 植物体の奇形を伴う糸状菌病。梅雨明け頃から、外部は白色で中に黒い粉のつまったゴール(肥大組織)を形成し、葉、節、穂に発生する。ゴールは成熟すると表面が破れ、中の黒い粉(黒穂胞子)を飛散してまん延する。黒穂胞子は厚膜胞子でもあり、地面に落ちて翌年の伝染源となり、地中で5年位は生きているとされる。病原菌には多数のレースおよびバイオタイプがあるとされるが、日本では未確認である。


紋枯病(mongare-byo) Sheath blight
病原菌:Rhizoctonia solani Kühn AG-1 TA、担子菌
 激発すれば植物体全体の枯死にもつながる重要な糸状菌病。梅雨入り前から地際部で発病し、病斑が葉鞘を伝って上部へ進展する。病斑は周縁部褐色、中心部灰白色の雲形斑となる。発生後期には病斑上に褐色で表面が滑らかな菌核をつくり、これが地面に落ちて翌年の感染源となる。高温(特に30℃以上)高湿条件で多発し、1日1cm以上病斑が進展する。トウモロコシでは病原菌の多くがR.solani 菌糸融合群AG-1 培養型TAであり、これは牧草葉腐病、イネ・ソルガム紋枯病などと共通している。


苗立枯病(nae-tachigare-byo) Seedling blight
病原菌:Fusarium avenaceum (Fries) Saccardo, Penicillium sp.、子のう菌
    Achlya klebsiana Pieters、卵菌
 出芽時に多湿条件にあうと苗が枯死する糸状菌病。種子が感染して出芽しないこともあるが、出芽後3ー4葉時に苗が萎凋枯死することが多い。病原がフザリウム菌の場合にはピンク色の菌糸が、ペニシリウム菌の場合には灰緑色の菌糸が根や種子の表面に発生することが多い。種子伝染であるため、チウラムあるいはキャプタン等の殺菌剤の種子粉衣が防除に有効である。Achlya属(ミズカビ目)によっても苗立枯れが発生し、幼苗が大幅に生育不良となって欠株が生じる。ピシウム苗立枯病が低温で発生することが多いのに対し、本病は高温で発生しやすい。


南方さび病(nanpou-sabi-byo) Southern rust
病原菌:Puccinia polysora Underwood、担子菌
 九州で大きな被害が報告されているさび病。乳熟期を過ぎた頃から発生し始め、下葉よりむしろ上葉から病斑が現れることが多い。高温、高湿度の条件で多発し、葉全体が黄化、乾燥して、畑全体が黄色く見えることもある。夏胞子堆は黄〜オレンジ色、円形〜楕円形、長さ1〜3mm、幅0.5〜2mm程度で、やや楕円形の夏胞子を多数形成する。夏の終わりから秋にはさび胞子堆が褐色になり、冬胞子を形成する。


根腐病(negusare-byo) Pythium root rot
病原菌:Pythium arrhenomanes Drechsler, P. graminicola Subramanian、卵菌
 全国的に発生し、株が黄熟期に萎凋する重要な糸状菌病。初め根が褐変し、黄熟期を過ぎると一気に枯れ上がり、植物体全体が黄色くなる。また、雌穂が垂れ下がるのが特徴の一つ。稈内部は空洞化し、軟化するため機械でうまく刈れなくなる。病原菌はべん毛菌類であり、遊走子が水中を泳いでまん延する。また、本菌は様々なイネ科の作物及び雑草に寄生するとされ、これらが伝染源となっていると考えられる。

最初のページに戻る