研究所トップ研究成果情報平成5年度

登熟期間の低温による減収率


[要約]
ササニシキ、はえぬき、どまんなか、はなの米での出穂遅延などにより登熟期低温で 経過した場合、出穂後40日間の日平均気温から減収率を推定する。
山形県立農業試験場庄内支場、最北支場
[連絡先] 0235-64-2100
[部会名] 水稲
[専門]  栽培
[対象]  稲類
[分類]  指導

[背景・ねらい]
平成5年の冷害は、障害不稔の発生と出穂遅延に伴う登熟遅延などによるが、本県の 平坦部においては、障害不稔の発生が比較的少なかった。そこで、出穂遅延などにより 登熟期間が低温で経過し、遅延型冷害が懸念される場合の減収率を推定するため、 平成5年に実施した作期移動試験(不稔歩合20%以下)より、出穂期の違いがその後の 登熟、収量に及ぼす影響を調査し、出穂後40日間の日平均気温と減収率の関係について 検討した。

[成果の内容・特徴]
出穂後40日間の日平均気温と減収率(粒厚1.9mm以上の収量)の関係は、20度Cでは 各品種とも5%以内、19度Cではササニシキ、はなの舞、どまんなかは15%程度、 はえぬきは25%程度、18度Cではササニシキ、はなの舞、どまんなかは30%程度、 はえぬきは40%程度である。()
表1 出穂後40日間の日平均気温と収量および 収量構成要素の関係

[成果の活用面・留意点]
出穂遅延などにより遅延型冷害が懸念される場合、普及指導上の参考事項として活用 する。

[その他]
研究課題名:水稲作況解析調査
予算区分 :県単
研究期間 :平成5年度(昭和45年〜)
発表論文等: