研究所トップ研究成果情報平成5年度

低温期の作物生育を促進するべたがけ下の溝底播種法


[要約]
ハウス内のべたがけ下に深さ5cm、幅約10cm程度の連続した溝を作り、この底部に こまつな等を播種すると、べたがけだけの場合に比べて夜間の地温と、一日を 通じた葉温が高まり、低温期の生育が著しく促進される。溝を成型しながら連続播種 する溝底播種機を開発した。
東北農業試験場・地域基盤研究部・気象環境制御研究室、
岩手県久慈農業改良普及所
[連絡先] 019-643-3462
[部会名] 生産環境
[専門]  農業気象
[対象]  茎葉菜類
[分類]  普及

[背景・ねらい]
こまつな・ほうれんそう等の葉菜類は、無加温のハウスで多く栽培されている。これら 作物の低温期の生育促進には、保温が必須である。特に寒冷地では、生育促進が作期の 拡大につながるため、保温技術に対する期待が大きい。しかし、カーテンやトンネル等 による多重被覆は、過湿による障害を招くことが多く、これに代わる技術開発が 望まれている。

[成果の内容・特徴]
  1. 無加温ハウス内のべたがけ下に、深さ5cm、幅10cm程度の連続した溝を作り、この底部 に播種する(図1)。これを「べたがけ下の 溝底播種法」と名づけた。また、市販の人力播種機の鎮圧輪を算盤玉状に改造し、 溝底播種機を開発した。
  2. この方法には、地域の実情にあわせて、低温伸長生の高い作物・品種を使う必要が ある(表1参照)。
  3. 播種位置から同じ深さでの地温は、日中は従来法で高く、夜間は溝底播種法で高い。 また、葉温は一日を通じて溝底播種法で高い。溝底播種法の温度上昇は、日射量の 多い日の午後と、ひき続く夜間で大きい(図2)。
  4. 発芽が早まり、生育が促進されるので、収量は著しく増加する。また、凍害も減少する ので、外観の品質低下が軽減される(表2)。例えば、 盛岡の厳冬期にはこの方法によって、こまつな、および、べかな・さんとうさい等の 不結球性はくさいの経済栽培が可能になる。

[成果の活用面・留意点]
  1. べたがけをしないと、溝底播種の効果はほとんど望めない。
  2. ハウス外でもこの方法の効果は大きいが、雨水が溝の底にたまり、発芽を阻害したり 湿害を起こすことがある。
  3. この方法の効果は、日射が豊富な地域で高い。

[その他]
研究課題名:うね形状の違いによる地温制御技術の開発
予算区分 :経常研究
研究期間 :平成5年度(平成4〜6年)
発表論文等:べたがけ下のうねの形状と冬作コマツナの生育、日本農気学会要旨、1992
      冬の盛岡の無加温ハウスで軟弱野菜を作る、東北の農業気象38、1993