研究所トップ研究成果情報平成5年度

平成5年度の冷害をうけた稲わらの特徴と次年度の施肥管理


[要約]
平成5年冷害における稲わらの生産量と窒素保有量は、平年よりもかなり多く、 不稔歩合が投入され、わら自体の分解も速いので、次年の施肥管理(基肥、追肥)では 減肥に留意し、異常還元がみられる場合は、早期中干し・間断灌漑等の水管理を 徹底する。
岩手県立農業試験場・環境部・施肥改善科
[連絡先] 019-688-4139
[部会名] 生産環境
[専門]  肥料
[対象]  稲類
[分類]  指導

[背景・ねらい]
冷害年の稲わらは、その生産量や成分が通常年と異なることが知られている。特に 窒素・炭素成分の量や質の変動は施肥窒素の取り込み・放出や土壌の還元化を通して 次期作の水稲生育に影響を及ぼすことが懸念される。そこで本年の強度の冷害を受けた 稲わらの生産量や窒素成分などの特徴を示し、わら施用田での施肥管理の参考に 供する。

[成果の内容・特徴]
(1)平成5年度冷害稲わらの特徴
  1. 平成5年の稲わらの量は平年の5割増から2倍、窒素濃度は並から高めのため、 窒素保有量は平年よりかなり多い。
  2. 稲わらの量・窒素濃度・窒素保有量は不稔歩合が高く収量が低いほど増加する (図1)。
  3. 稲わらのC/N比は不稔歩合が高いほど低下し、全炭素のうち分解され易い全糖・ デンプンの割合が多くなる(表1)。
  4. 不稔が多い稲わらを多施用した場合、通常のわらに比べ窒素の取り込みは少なく、 分解も早いことが見込まれる(図2)。
(2)次年度の施肥管理
不稔が多いほど稲わら鍬込みにより多量の窒素が投入され、わら自体も分解が早い 性質があるため、以下の点を注意する。
  1. 基肥:腐熟促進肥料施用の場合は基肥窒素減肥、わら鍬込みのみでは基準量施用。
  2. 追肥:窒素発現が多いため、穂肥は栄養診断に基づき慎重に行う (減肥、分施、中止など)。
  3. 水管理:異常還元がみられる場合は、中干し・間断灌漑等水管理を徹底する。

[成果の活用面・留意点]
平成5年のわらの生産量や成分は地域・品種・管理によって差が大きいので、指導に 当たっては稈長など成熟期の状況をよく確認する。

[その他]
研究課題名:土壌環境・地力変化基礎調査。
予算区分 :国・県
研究期間 :昭和63年〜平成5年
発表論文等:なし