研究所トップ研究成果情報平成5年度

稲わら施用水田の施肥対策と各種稲わら腐熟促進肥料等の効果


[要約]
稲わら施用は堆厩肥が施用されない場合貴重な有機物資源であるが、単年度の生育に 対してはマイナスの影響を及ぼすことがある。その軽減・回避対策として水管理、 施肥方法(側条施肥、LP肥料の利用)、わら腐熟促進肥料の施用が効果的である。
岩手県立農業試験場・環境部・施肥改善化
[連絡先] 019-688-4139
[部会名] 生産環境
[専門]  肥料
[対象]  稲類
[分類]  指導

[背景・ねらい]
水稲作業の機械化と省力、低コスト化が進むにつれ,水田の堆肥施用農家戸数は 減少傾向にある反面、稲わら施用農家戸数は増加傾向にあり、その対策が大きな問題と なりつつある。稲わら施用田の問題点や施肥対策に関して新たな知見が得られており、 各種稲わら腐熟促進肥料等(以下、腐熟肥料と呼ぶ)も開発され、農家でも使用され はじめている。
そこで稲わら施用の問題点と対策、そして腐熟肥料について検討した。

[成果の内容・特徴]
  1. 稲わら施用は堆厩肥が施用されない場合貴重な有機物資源であるが、単年度の 生育期間に限ってみれば、作土の還元が進行され有機酸が生成することによる水稲根の 障害や、稲わら分解に伴う施肥窒素の取り込みによる初期生育の抑制等の問題があり、 特に湿田や地下水位の高い圃場で稲わら施用による減収が問題になりやすい (図1)。
  2. 作土の還元促進と有機酸生成防止には、中干し、溝切り」、間断灌漑等による土中への 酸素供給が有効である。それでも障害を受ける場合には、重粘土層改良機による 補助暗渠設置で強制的に排水することも効果的である。
  3. 稲わら分解での窒素取り込みによる減収を軽減するためには、稲わらへの窒素 取り込みの少ない側条施肥やLP肥料の利用と、わらの分解を早めるために腐熟肥料の 施用が効果的である。 (図2,表1)。

[成果の活用面・留意点]
  1. 腐熟肥料の散布及び耕起は秋を基本とするが、湿田の場合には秋散布、春耕起が 望ましい。
  2. 腐熟肥料には窒素主体のもの、熔リン・珪カルを添加したもの、微生物資材等があり、 土壌診断に基づき必要成分を補充できるものを選ぶことが望ましい。

[その他]
研究課題名:土壌環境対策基準設定調査 稲わらの腐熟度別施用効果
予算区分 :国、県
研究期間 :昭和63年〜平成5年
発表論文等:黄色重粘土水田における稲わら分解促進材の施用効果、東北農業研究、
      第45号、1992