研究所トップ研究成果情報平成5年度

育苗箱全量施肥における肥効調節型肥料の層状施用


[要約]
水稲の育苗箱全量施肥栽培において、 従来播種前に床土と混和していた被覆尿素を、 催芽籾を播種した後に箱内に層状に施用することにより 混和作業が省略できるとともに本田への被覆尿素の接触持ち込み量が増加し、 混和施用に比べて茎数が多く推移する。
秋田県農業試験場・環境部・土壌試験担当
[連絡先] 0185-45-2011
[部会名] 生産環境
[専門]  肥料
[対象]  稲類
[分類]  指導

[背景・ねらい]
育苗箱全量施肥は、S字型の溶出特性をもつ被覆尿素を用いて、本田の施肥 窒素分全量を播種前に育苗箱内に施肥し、育苗終了後、苗と共に本田に打ち込む 施肥法であり、育苗期間の追肥と本田での施肥作業が省略できる特徴がある。 従来は、播種前に床土と被覆尿素を混和していたため、 大規模、大区画田では品種や土壌に対応した施肥量の調節に 労力を要した。そこで、混和作業を省略し、被覆尿素を催芽籾播種後の箱内に 層状に施肥する方法を検討する。

[成果の内容・特徴]
  1. 層状施用は従来播種前に床土と混和したS字型の溶出特性を持つ 被覆尿素を、催芽籾を播種した後に層状に施肥して覆土する方法である。 (図1)
  2. 育苗35日後における層状施用区の苗質は慣行区、緩和施用区より優る (表1)
  3. 苗と接触したまま本田へ持ちこまれる被覆尿素の量は、 混和施用区に比べて層状施用区で多い (表2)
  4. 層状施用区の茎数は、いずれの時期も混和施用区に比べて多く推移する。 (図2)
  5. 層状施用区では混和施用区に比べて穂数が多くなり、収量も優る (表3)

[成果の活用面・留意点]
  1. 箱数が多いために品種や土壌に合わせた混和作業で労力を要する大規模農家に おいて導入効果が高い。
  2. 本田への施肥窒素量は、気象変動の影響を考え、追肥で調整できる部分を 残す程度が良く、慣行(基肥+追肥の合計窒素量)の6割程度を目安とする。 箱当たりの施肥量は、本田の施肥窒素量と使用する箱数により決める。
  3. リン酸、カリは、天然供給が少ない土壌では、本田で慣行量を施肥する。

[その他]
研究課題名:低湿重粘土大区画水田における省力・安定生産技術の確立
予算区分 :指定試験
研究期間 :平成5年度(平成3〜6年)
発表論文等:なし