研究所トップ研究成果情報平成5年度

大区画圃場における農業機械の選定と農作業経費算定シミュレーション


[要約]
大区画圃場における水稲作の耕起、代かき、田植え、収穫の各作業について 表計算ソフトを用いて、作業面積を入力するだけで簡易に作業経費を求めることがで きるシミュレーションシステムを作成した。
岩手県農業試験場・経営部・経営科
[連絡先] 019-688-4149
[部会名] 経営
[専門]  経営
[対象]  水稲
[分類]  普及

[背景・ねらい]
本県の水稲生産費の内訳をみると農業機械費が労働費についで高くなっている。 これは、農業機械の高性能化に伴い投資額が拡大する一方で、農地の流動化や 作業受委託の進度が遅く、農業機械の性能に見合った作業規模が確保されないことが 要因となっている。
そこで、使用する農業機械とその作業面積によって簡易に作業経費が算定できる システムを作成し、農業機械の適切な導入計画の策定や作業受委託の促進を図る。

[成果の内容・特徴]
  1. 表計算ソフト(ロータス123)を用いて、大区画圃場における水稲作の耕起・代かき・ 田植え・収穫作業の作業経費(機械固定費+労働費+燃料費等)を、簡易に求めることが できる。なお、シミュレーションのフローを図1に 示した。
  2. シミュレーションの内容・経費算定方式
    1. 農業機械データベース
      シュミレーションに用いる農業機械の価格の簡易データベースを、機械の規格(馬力、 作業幅)ごとに作成した。なお、データベースの種類はトラクタ・ロータリ・代かき ロータリ・乗用田植機・コンバインである。これを用いて規格別平均価格等を 算出した。
    2. 機械固定費の算定
      機械固定費(減価償却費、修理費、車庫費、資本利子・租税公課等)は、高性能農業 機械導入計画(農水省)により、購入価格に平均的な率を乗じて算定した。
    3. 圃場作業員の算定
      圃場作業量は平成4年度岩手農試作成の「圃場作業量推定シミュレーション」を用いて 大区画圃場での圃場作業量をあらかじめ入力してある。
    4. ha当たりの作業経費の算定
      各作業の作業面を入力すると、圃場区画や機械の規格ごとに作業経費が計算される。 また、あらかじめシミュレーションする作業規模の表を作成しておけば、自動的に その経費が算出できる。シミュレーションした例を 図2〜4に示した。
      表1. 作業経費算出ワークシート例

[成果の活用面・留意点]
  1. 大区画圃場整備地区での営農計画や土地利用計画を策定する際の素材を提示できる。
  2. 機械の取得価額・耐用年数・残存割合・諸係数・労働日単価・圃場作業量などは あらかじめ初期値として妥当と思われる数値を入力してあるが、変更することによって 地域の実情にあったシミュレーションが可能である。なお、作業規模の上限は規制して いないので、実状にあった数値を入力する必要がある。
  3. このシステムを利用するためにはパソコンPC9801及び表計算ソフトロータス123 (Ver2.3以上)が必要である。農業機械データベースを利用加工等する場合は EMSメモリ4Mb以上が必要となる。

[その他]
研究課題名:大区画圃場整備地区における地域輪作農法の現地実証
予算区分 :国庫(地域水田農業)
研究期間 :平成3〜5年
発表論文等:なし