研究所トップ研究成果情報平成5年度

粗飼料多給型飼育による「プリンスビーフ」と「さわやかビーフ」生産技術


[要約]
日本短角種の雄牛と去勢牛に粗飼料を多給して、良質の赤肉を生産する技術を 開発した。肥育方法は粗飼料をTDNベースで40%給与し、仕上げ目標は雄牛: 20ヵ月、670〜750kg、去勢牛:24ヵ月齢、600〜680kgとする。
東北農業試験場・企画連絡室・総合研究第2チーム
[連絡先] 019-643-3412
[部会名] 畜産(家畜)
[専門]  飼育管理
[対象]  家畜類
[分類]  普及

[背景・ねらい]
日本短角種は粗飼料の利用性が高く、北東北の地域内循環農業に欠かせない肉牛で ある。そこで、本品種の特性を活用して、粗飼料多給による良質の赤肉生産を行うこと を目的とした。その牛肉は高コストな霜降り肉でなく、超低コストな輸入肉でもなく、 低脂肪でジューシーな赤肉タイプである。

[成果の内容・特徴]
当チームはこれまでに、北東北でも高い祖飼料生産を可能にする1年2作栽培・ 収穫システムを開発したが(2.7DMトン/10a、平成3年度東北農業研究成果情報)、 このシステムで得た粗飼料を使って下記の肥育技術を開発した。
  1. 雄牛肥育(写真1:プリンスビーフ)
    雄子牛にソルガムサイレージ主体の粗飼料を給与水準を変えて飼育すると、その 給与水準が高まるに伴って、増体速度の低下傾向が認められる (表1)。これらの 結果、並びに雄牛の飼い易さ、肉の硬さなどからみた仕上げの上限月齢を考慮すると、 適正な粗飼料のTDN給与水準は40%である (DMr水準;前−中−後期:70−50−30%)。 食味アンケートの結果、この牛肉は高い評価が得られたが(表2)、これは従来の 濃厚飼養多給による雄肥育の仕上げ月齢を15〜16ヵ月から粗桐料多給によって20ヵ月に することが可能になったことによる。
  2. 去勢牛肥育(写真2:さわやかビーフ)
    去勢子牛をグラスサイレージ主体の粗飼料で飼育すると(TDN給与水準45%)、歩 留基準値は74%と高く、濃厚飼料多給の場合よりも脂肪量の少ない赤肉タイプの牛肉が 生産される。また、寒さに強い本品種の特性を活用すると、周年屋外飼育が可能で ある。しかし、冬期間は増体速度が低下するので、とうもろこし+ソルガムサイレージ 給与ではTDNrを55%より低くする必要がある (表1)。この牛肉の食味アンケートでは、 「普通より良い」以上の割合が雄牛肉よりもさらに高く (表2)、ジューシーな牛肉である。

[成果の活用面・留意点]
  1. 東北農試では、この雄牛の牛肉を「プリンスビーフ」、去勢牛の牛肉を 「さわやかビーフ」と命名したところ、北東北の本品種飼養地帯でよく知られるように なり、今後、地域特産牛肉として生産が期待できる。
  2. これらの牛肉の生産・販売は産地直送方式で行う必要があり、その生産・販売システム の確立が必要である。

[その他]
研究課題名:(1)肥育牛におけるとうもろこし、ソルダムサイレージの給与水準
            (2)転換畑飼料作物の活用による低コスト牛肉安定生産技術の体系化
            (3)粗飼料活用型飼料給与技術の開発-赤肉生産型肉牛の飼料給与技術
予算区分 :経常、特研(産肉特性)
研究期間 :平成5年(平成元年〜5年)
発表論文等:滝本勇治(1994):地域の立地と品種の特性を生かした牛肉生産、畜産の研究
            第48巻(1):187-194.