研究所トップ研究成果情報平成5年度

リンゴ台木CG.80(マルバカイドウニ重台)を用いたわい化栽培の特性


[要約]
CG.80台樹はM.26またはM.9に比較して低樹高化が容易で作業性がよく、 果実品質も良好であり、M.27台樹に比較して早期多収性にすぐれた。
秋田県果樹試験場・鹿角分場
[連絡先] 0186-25-3231
[部会名] 果樹
[専門]  栽培
[対象]  果樹類
[分類]  指導

[背景・ねらい]
これまで秋田県ではわい性台木の耐雪性を重視し、マルバカイドウを用いたM.26または M.9の中間台または二重台方式を勧めてきた。これらは樹勢がやや強く、樹齢と共に 樹体が大きくなり、早期多収性や省力などわい性台樹の有利性が十分発揮され なかった。本県北など雪害が少ない地域に適合するわい性台木の選抜が望まれている。

[成果の内容・特徴]
  1. 早期多収性:栽植密度を高め誘引主体整枝をおこなった場合、5年生樹の収量はふじで 2.3t/10aと多く、M.27に比べ1.3(ふじ)〜2.0(千秋)倍高かった。
  2. わい性度:M.26またはM.9に比べわい性度はやや強く、樹高を2.5〜3.0mに維持 することが容易であった。
  3. 収量:M.26またはM.9に比べ1樹当りの収量は少ないものの、生産効率 (収量/幹断面積)は同等またはやや高かった。
  4. 果実品質:M.26またはM.9に比べ糖度が高く着色も良好であった。
  5. 作業性:M.26台樹に比べ収穫時間は約20%軽減され、地上からの収穫果率も80%内外 と高かった。
  6. 以上の結果からCG.80は従来のわい性台樹に比較して低樹高化が容易で作業性がよく、 早期多収性に優れるなどわい性台樹の有利性がより高かった。

[成果の活用面・留意点]
  1. 地力の低い土壌では使用しない。
  2. 過度の着果負担をさせない。
  3. 多雪地帯では用いない。

[その他]
研究課題名:県北地域におけるリンゴわい化栽培の生産力向上試験
予算区分 :県単
研究期間 :平成5年度(昭和63〜平成7年)
発表論文等:なし