研究所トップ研究成果情報平成5年度

大区画水田に対応した乳苗による田植え作業の省力化


[要約]
大区画水田においては、 ロックウール培地で育苗した乳苗を高速田植機で移植すると、 苗補給時間が短縮され、田植え作業が省力化できる。
青森県農業試験場・水田利用部
[連絡先] 0172-52-4397
[部会名] 水田農業、作業技術
[専門]  作業
[対象]  稲類
[分類]  指導

[背景・ねらい]
大区画水田での田植え作業は従来以上の作業効率の向上が要求される。そこで、 株当たり植付け本数を減らし、苗箱の軽量化を図って、 苗補給等の時間を極力少なくして作業効率を向上させる作業法の確立が求められる。

[成果の内容・特徴]
  1. 株当たり植付本数を4〜5本とすれば、1箱当たり200mの植付距離になり、 長辺100mの圃場を途中で苗補給することなく往復できる (図1)
  2. 高速田植機に乳苗用の爪を装着した場合、 株当たり植付本数を4〜5本確保することによって、 欠株は5%以下となる(図2)。 平成5年は出穂期頃の低温により中苗は著しく減収したのに対し、 乳苗は低温を回避した。株当たり植付本数7.1本の土の 収量が10a当たり576kg/aであるのに対して、 4.2本のロックウール培地の収量は565 kg/aと遜色無かった(表1)
  3. 作業時間合計は7本植えに比べ、4〜5本植えで7〜10%短縮し、 中苗に比べ、32〜34%短縮する(図3)。また、 苗箱が軽量化し、労働負担が軽減する (表2)

[成果の活用面・留意点]
  1. 乳苗は8cm以上の苗長を確保する。
  2. かきとり量を調節し、株当たり植付本数や欠株の発生に注意する。

[その他]
研究課題名:高速田植機の効率的利用技術
予算区分 :地域水田農業
研究期間 :平成5年度(平成3〜5年度)
発表論文等:なし