研究所トップ研究成果情報平成5年度

傾斜ベルト式は種機を利用した、簡易明渠施工・鎮圧・逆転ロータリシーダ


[要約]
逆転ロータリの後部に傾斜ベルト式は種機、 鎖圧ローラ及び簡易培土装置を装着した、「逆転ロータリシーダ」を開発した。
この作業機は、麦・大豆・乾田直播水稲のは種が可能で、 水田輪作におけるは種作業への適応性が高い。また、簡易明渠が施工できるため、 は種床の地表排水が良好である。
福島県農業試験場・種芸部・農機具研究室
[連絡先] 0249-32-3020
[部会名] 水田農業、作業技術
[専門]  機械、作業
[対象]  稲、麦、大豆類
[分類]  指導

[背景・ねらい]
は種作業は、天候に左右されるため、 耕起からは種までの作業を統合化して行うことが望ましい。また、 作物の出芽率を高めるためには、は種床の砕土率が高く、 地表排水が良いことが必要である。このため、 簡易明渠施工装置と鎮圧装置を装着した「逆転ロータリシーダ」を開発した。

[成果の内容・特徴]
  1. 本機は逆転ロータリに、傾斜ベルト式は種機(MST‐11)・ 鎮圧ローラ(塩ビパイプ)・培土装置を装着した逆転ロータリシーダである (図1)
  2. 培土装置により、中央部に深さ12cm、 幅12〜20cmの簡易明渠が作成できる (図2)
    簡易明渠により、は種床中央部の土壌水分を低下させることができる (図3)
  3. 逆転ロータリのため、は種床の砕土率が高い (表1)
  4. は種機の種子繰り出し量は、ベルトの交換で、簡易に水稲、麦、 大豆用に変更できる。また、条間の設定も簡易に行うことができる。
  5. 本機のは種作業能率は、9〜14a/hである (表1)

[成果の活用面・留意点]
  1. 傾斜ベルト式は種機は、水平を保たないとは種精度が低下するので、 3点リンクの調整を慎重に行う。
  2. 行程間の重ね合わせを特に注意する。

[その他]
研究課題名:耕起、整地、施肥、は種一工程は種作業技術の確立
            (東北南部の大区画水田における水田輪作体系化技術の確立)
予算区分 :国庫助成
研究期間 :平成5年度(平成3〜5年)
発表論文等:なし