研究所トップ研究成果情報平成23年度

小麦品種「あおばの恋」の幼穂長による開花期の予測

[要約]

小麦品種「あおばの恋」では「日平 、均積算気温による幼穂長からの出穂期予測」と「発育下限温度と有効積算温度による出穂期から開花期までの日数予測」を組み合わせることにより、「幼穂長からの開花期予測」が可能である。

[キーワード]

小麦、あおばの恋、幼穂長、開花期、予測、赤かび病

[担当]

宮城古川農試・水田利用部・水田輪作班

[代表連絡先]

電話0229-26-5106

[区分]

東北農業・作物(畑作物栽培)

[分類]

普及成果情報

[背景・ねらい]

小麦の赤かび病防除適期は開花始期から開花期であるが、小麦は生育ステージの年次間差が大きいため適期を逸する事例が多く、開花期の正確な予測技術が必要となっている。また、無人ヘリによる防除の場合、散布スケジュールが3月下旬から4月上旬頃(最大で出穂50 〜 60 日前)に決定されることも多く、より早期に開花期を予測する手法が求められる。以前に「シラネコムギ」及び「ゆきちから」では、「幼穂長による出穂期予測」を報告したが(2010 年度研究成果情報東北農業・作物)、宮城県で2008 年に奨励品種に採用した「あおばの恋」には対応していない。そこで、「あおばの恋」においても「幼穂長による出穂期予測」を検証するとともに、新たに「出穂期からの開花期予測」の手法を検討し、無人ヘリの防除計画作成にも対応可能な開花期予測手法を開発する。

[成果の内容・特徴]

  1. 「幼穂長の常用対数」を用いて「出穂期に達するまでの日平均積算気温」を推定することが可能である(図1図2)。
  2. 出穂から開花までの日数は概ね気温に支配されており、恒温器で得られた「平均気温と出穂期から開花期までの日数」の関係は自然条件においても適用できる(図3)。
  3. 「あおばの恋」の出穂期から開花期の期間における発育下限温度は5.8 度C、有効積算温度は84.7 度Cと推定され(図3)、これらを用いて出穂期から開花期までの日数を予測することができる。
  4. 「幼穂長からの出穂期予測」と「出穂期からの開花期予測」を組み合わせることにより、「幼穂長からの開花期予測」が可能である(図4)。
  5. 3月下旬〜4月上旬(開花期の40 〜 60 日前頃)の幼穂長から開花期を予測できるため、無人ヘリによる赤かび病防除等の作業計画作成に活用できる。

[成果の活用面・留意点]

  1. 普及対象は、小麦品種「あおばの恋」の栽培指導者である。
  2. 普及予定地域は東北南部である。
  3. 宮城県における「あおばの恋」の普及予定面積は400ha である。
  4. その他
    1. 予測に用いる幼穂長の値は、主茎3〜7本の平均値を用いる。
    2. 出穂期に達するまでの日数及び出穂期から開花期までの日数を予測するには、その地域における調査翌日からの日平均気温平年値データを用いて行う。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名
めん用小麦新品種「あおばの恋」の温麺適性の解明と安定供給栽培技術の確立
予算区分
実用技術
研究期間
2009 〜 2011 年度
研究担当者
安藤慎一朗、千田洋、辻本淳一(宮城県古川農業試験場)、神ア正明(宮城県農産園芸環境課)