研究所トップ研究成果情報平成23年度

越冬性が優る無エルシン酸なたね新品種候補「東北97号」

[要約]

無エルシン酸なたね「東北97号」は、「キザキノナタネ」と比較し、北海道十勝地域で越冬株率が高く、やや多収である。

[キーワード]

なたね、多収、越冬性、無エルシン酸、食油用

[担当]

東北農業研究センター・畑作園芸研究領域

[代表連絡先]

電話019-643-3655

[区分]

作物(資源作物)、東北農業・作物(畑作物品種)

[分類]

研究成果情報

[背景・ねらい]

北海道は、なたねの国内の主要産地で、道央の滝川市を中心に502haの作付けがある。今後は戸別所得補償、食料自給率の向上等の諸施策により全道で作付けが拡大すると考えられる。特に十勝地方では新規の製油事業者が参入し、菜種油原料の増産を図っている。しかし、寒地向きの食油用品種としては「キザキノナタネ」のみで、厳寒環境にある十勝地域では新たな品種の開発が待たれている。越冬性が優り、やや多収の新品種導入により地域振興及び新たな需要拡大に貢献する。

[成果の内容・特徴]

  1. 「東北97号」は、1996年東北農試盛岡試験地において、無エルシン酸で多収の「キザキノナタネ」を種子親に、米国より導入したダブルロー品種「Onyx」(ジーンバンクJP番号146926)を花粉親として交配、育成された食油用品種である。2010年は、F14世代である。
  2. 寒冷地において、「東北97号」は「キザキノナタネ」と比較して、開花期及び成熟期はやや遅く、草丈がやや高い。また、越冬株率が高く寒雪害被害程度は低いが(表1)、寒冷地での収量性はやや低い(表2)。子実は、無エルシン酸品種で、グルコシノレートは、「キザキノナタネ」、「ななしきぶ」と同様に含み、低グルコシノレート品種ではない(表2)。
  3. 北海道十勝地域において、「東北97号」は、「キザキノナタネ」と比較して、草丈がやや高く、越冬株率が高く、やや多収である(表3)。
  4. 「東北97号」の子実及び油は、実需による成分分析結果により、「キザキノナタネ」と大差ない品質である(表4)。

[成果の活用面・留意点]

  1. 北海道東部等の厳寒地向きの品種である。「東北97号」の導入により従来の「キザキノナタネ」との差別化を図り、生産拡大、地域振興及び実需のニーズに応えられる。
  2. 他のなたね品種、他のアブラナ科植物との交雑防止のため、隔離された採種圃場で種子を増殖する。一般栽培にあたっては、採種圃由来の無エルシン酸が保証された種子を使用する。
  3. 栽培にあたっては、「キザキノナタネ」の栽培法に準じ、「畑作地帯におけるなたねの導入法と栽培条件」(北海道2010)を順守する。
  4. 菌核病罹病指数は「キザキノナタネ」と同程度だが、罹病株率は高い傾向があり、菌核病対策として、輪作等の耕種的防除に努める。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名
高付加価値を有する資源作物品種の育成と新規作物の評価・利用
予算区分
交付金、実用技術
研究期間
1996〜2011年度
研究担当者
本田裕、川崎光代、加藤晶子、由比真美子、山守誠、石田正彦、千葉一美、遠山知子