研究所トップ研究成果情報平成23年度

リンゴ「あおり27」(商標名:千雪)の軟性やけ発生防止対策

[要約]

リンゴ「あおり27」の貯蔵障害である軟性やけは、収穫後に10度C程度の環境で5〜7日間保持してから冷蔵庫に搬入することにより発生を防止できる。

[キーワード]

リンゴ、あおり27、貯蔵、軟性やけ

[担当]

青森産技セ・りんご研・栽培部

[代表連絡先]

電話0172-52-2331

[区分]

東北農業・果樹

[分類]

普及成果情報

[背景・ねらい]

(地独)青森県産業技術センターりんご研究所で育成したリンゴ「あおり27」は、剥皮後も果肉が変色しない特性を持つことから、青森県ではリンゴの新たな需要を生みだす有望品種として普及を図っている。しかし、貯蔵中に低温障害の軟性やけが発生しやすい問題があり、普及を妨げる要因の一つとなっている。そこで、「あおり27」の軟性やけ防止対策を開発し、その効果を明らかにする。

[成果の内容・特徴]

  1. リンゴ「あおり27」は、収穫後3日以内に低温貯蔵すると、貯蔵1、2か月後から褐色の斑紋を呈した軟性やけが発生しやすい(図1)。
  2. 収穫後、10 度C程度の環境で5〜7日間保持してから冷蔵庫に搬入することにより、軟性やけの発生を防止できる(図1)。
  3. この場合の貯蔵性は従来通り普通冷蔵で2か月程度である(表1)。

[成果の活用面・留意点]

  1. 普及対象
    リンゴ生産者及びリンゴ流通加工事業者
  2. 普及予定地域
    青森県内
  3. その他
    「あおり27」の苗木の流通に当たっては、当分の間、県内での普及を優先することとする協定を青森県と青森県内種苗業者間で結んでいる。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名
りんご新品種の登録と普及に向けた栽培特性の把握と生産技術の確立
予算区分
青森県交付金
研究期間
2009 〜 2010 年度
研究担当者
葛西智、今村友彦、鈴木均、澤田歩