研究所トップ研究成果情報平成23年度

雨よけと根域制限栽培における二季成り赤色ラズベリー「サマーフェスティバル」の作型別生育および収量

[要約]

二季成り赤色ラズベリー品種の「サマーフェスティバル」は、雨よけと根域制限を組み合わせた栽培で、植栽列1m当たり結果母枝数を3本とすると、夏秋どり作型で10a当たり年間1,236kg、秋どり作型で10a当たり年間483kg の収量が得られる。

[キーワード]

ラズベリー、サマーフェスティバル、雨よけ、根域制限、作型、収量

[担当]

宮城農園研・園芸栽培部・果樹チーム

[代表連絡先]

電話022-383-8132

[区分]

東北農業・果樹

[分類]

研究成果情報

[背景・ねらい]

二季成り赤色ラズベリー品種の栽培では、果実が小さいこと、収穫期間が長いこと、果実が軟らかく日持ちしないこと等により、収穫にかかる労力が非常に大きいことが課題となっている。そのため、二季成りラズベリーの特徴を活かして、収穫時期の異なった作型を比較し、雨よけ被覆と根域制限を組み合わせた栽培での果実収量、品質を明らかにする。

[成果の内容・特徴]

  1. 二季成り赤色ラズベリー品種である「サマーフェスティバル」は、夏季(夏果)と秋季(秋果)に収穫できる(表1)。この特性を利用し、二季とも収穫する夏秋どり型と、秋季しか収穫しない秋どり型が設定できる。
  2. 当年発生する吸枝(秋果結果枝)の生育は、夏秋どり型では、樹高が176〜200cm、吸枝の基部の太さが1.3〜1.4cm、総副梢長が7〜69cm となり、吸枝発生本数が45〜60 本となる。秋どり型では、樹高が156〜192cm、吸枝の基部の太さが1.1〜1.6cm、総副梢長が50〜196cm、吸枝発生本数が45〜70 本となる(表2)。
  3. 1結果母枝当たり夏秋どり型では、夏季に320g前後、秋季に100g前後の収量が得られる。一方、秋どり型では秋季に72〜116g前後の収量が得られる(表3)。
  4. 10a当たり年間収量は、夏秋どり型で1,236kg、秋どり型で483kg得られる(表4)。

[成果の活用面・留意点]

  1. 上記の成果は、通年雨よけ被覆をしたハウス内で列間1.5m、植栽時の株間1m、根域制限栽培(杉板,不織布を用い地上部に高さ30 cm、幅40 cm、奥行約8mの箱状の入れ物を作成しその中に植栽)、支柱と番線を組み合わせて結果母枝を誘引する垣根仕立て、施肥は窒素成分で植栽列1m当たり5〜6g、灌水は灌水開始点をpF2.1 に設定した自動灌水の栽培環境において得られた樹齢3年生時の成果である。
  2. 夏秋どりでは、秋季の落葉後から翌春の発芽前に植栽列1m当たり結果母枝を3本程度残し、他の結果母枝は根元からせん除する。秋どりでは、秋季の収穫終了後から翌春の発芽前までに当年発生した吸枝を根元からせん除する。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名
国産ラズベリーの市場創出および定着のための生産・流通技術の開発
予算区分
実用技術
研究期間
2009〜2011 年
研究担当者
高嶋名世瑠、池田裕章、大沼欣生、菊地秀喜