東北農業試験研究協議会

論文表彰

 

東北農業試験研究協議会論文賞申し合わせ(2019.12.16)

I 目的
東北農業試験研究協議会論文賞(以下、論文賞)は、会員機関の試験研究者の資質向上に資することを目的とする。

II 授賞対象
1.論文賞の授賞者は部会ごとに決定する。
  
2.授賞選考の対象は、授賞の当該年度に発行した「東北農業研究」のすべての論文について、その筆頭著者とする。ただし、過去に同一部会で論文賞を受賞した者は除く。

3.同一部会で同一人が複数の課題について受賞することはできない。同一人が複数の部会で受賞することはさまたげない。
   
4.授賞者数は、原則として、当該部会の全部の課題数が10課題以下の場合1人、11~20課題の場合2人とし、10課題が増えるごとに1人を追加する。なお、 選考委員会の判断で授賞者数を減らすことができる。
   
III 授賞者選考
1.授賞者の決定は、部会ごとの選考委員会によって行う。
   
2.選考委員会は、部会長および下表に示された機関から選出された者で構成される。選考委員は各部会の当該研究分野で適任の者を選出する。選考委員の任期は1年 とし、再任を妨げない。部会長が選考委員長を兼務する。
                   【部会別選考委員選出会員機関】

3.授賞者決定の手順は、①まず、対象となる論文について、選考委員長および選考委員が採点票により採点する。②次に、選考委員長および選考委員は、採点票の集 計表に基づき協議を行い、多数決によって授賞者を決定する。多数決で同数の場合 は選考委員長が決定する。
     
4.対象論文の筆頭著者と同一の機関および同一県の機関に属する選考委員は当該論文の採点票に記入できない。
   
5.選考委員および選考委員長は採点票ならびに選考に関する一切の内容について公表してはならない。
   
6.採点票及び集計表は3年間保管するものとする。
  
IV 授賞
1.授賞者の発表は、当該「東北農業研究」公刊後3ヶ月以内とする。
   
2.授賞者には次年度の発表会において賞状を授与する。論文執筆者が連名の場合、賞状には全員の氏名を記する。授賞者発表時に東北農業試験研究協議会のホーム ページにおいて、また次年度発行の「東北農業研究」において、課題名と氏名(連名の場合は全員)を掲載する。
  
3.授賞した論文について、その内容に不正が認められた場合は遡って授賞を取り消すことができる。

附則1.本申し合わせは令和元年12月16日から施行する。

令和5年度(東北農業研究76)論文表彰

「東北農業研究76号」論文賞の受賞者が決まりましたのでお知らせ致します。授賞おめでとうございます。表彰状授与式を第67回東北農業試験研究発表会(福島市)において行う予定です。
水田作部会
基肥全量施肥が極良食味品種「サキホコレ」の収量・品質・食味に及ぼす影響    
        薄井雄太、伊藤千春 (秋田県農業試験場)
マルチロータ2機同時飛行による薬剤散布の作業能率
        進藤勇人、齋藤雅憲、石川祐介 (秋田県農業試験場)

畑作部会
「もち姫」小麦粉を主要原料として開発した麺のテクスチャー    
   渡辺満、池永幸子 (農研機構東北農業研究センター)

畜産飼料作部会
乳牛の耳及び腰角の触診による潜在性低カルシウム血症のモニタリング技術    
        高尾槙一、鈴木和仁、阿部 巌 (山形県農業総合研究センター畜産研究所)    

果樹部会
リンゴのトールスピンドル樹形における省力的な側枝発出促進方法    
        小林達(青森県産業技術センターりんご研究所)

野菜花き部会
オオムギ磨砕物によるタマネギ腐敗病菌Burkholderia cepaciaへの抗菌活性の検討    
        川邑菜々美 (農研機構東北農業研究センター)
寒冷地におけるイチゴ種子繁殖型品種のセル苗本圃直接定植技術の検討    
        尾形和磨、相澤正樹、菊地友佳理、鈴木俊矢、斎藤健志 (宮城県農業・園芸総合研究所)
   
経営部会
中小規模の園芸作経営における「通い農業支援システム」の導入効果ー福島県中通り南部地域を事例に    
        稲葉修武、山下善道、芝祥太郎* (農研機構東北農業研究センター、*福島県県南農林事務所)  

  

岩手県盛岡市下厨川字赤平4 東北農業研究センター内
電話:019-643-3414 FAX:019-643-3588 お問い合わせフォーム