[成果情報名]

スギ、ヒノキ樹皮粉砕繊維の鉄処理培地を利用したイチゴ高設栽培

[要約]

イチゴの高設栽培に新鮮なスギ・ヒノキ樹皮粉砕繊維を培地として用いる場合、鉄処理を行うとピートモスと同程度の生育、収量が得られる。培地資材費は、慣行のピートモスに比べて約1/4である。 

[キーワード]

鉄処理、スギ、ヒノキ、樹皮粉砕繊維、イチゴ、高設栽培

[担当]

和歌山農総セ・農試・環境部

[連絡先]

電話 0736-64-2300

[区分] 近畿中国四国農業・生産環境(土壌)
[分類] 技術・参考

[背景・ねらい]

林産資源の豊富な和歌山県において、スギ、ヒノキ樹皮は、産業廃棄物として多量に排出されており、その有効利用が課題となっている。また、新鮮な樹皮を野外放置しておくと生育阻害要因が除去されるが、長期に堆積場所を要する。そこで、生育阻害要因の除去に鉄処理が有効なことから、新鮮な樹皮粉砕繊維(以下樹皮)の鉄処理によるイチゴ高設栽培の培地利用について検討する。

[成果の内容・特徴]

1.樹皮の鉄処理は、硫酸第一鉄500倍水溶液10Lに、新鮮な樹皮40Lを30〜60分浸漬して行う。

2.イチゴの生育は、スギ、ヒノキともに新鮮な樹皮培地では、ピートモスに比べて劣る。しかし、鉄処理を行った樹皮培地は新鮮な樹皮培地に比べて優れ、ヒノキ−鉄培地は1年野外放置した樹皮培地やピートモス培地とほぼ同等である(表1)。

3.収量も同様に、鉄処理した樹皮培地で多くなり、ヒノキ樹皮では、1年野外放置した樹皮培地やピートモス培地と同等の収量が得られる(図1)。

4.イチゴ高設栽培の培地資材費は、鉄処理樹皮がピートモスに比べて、約1/4である(表2)。

[成果の活用面・留意点]

1.スギ、ヒノキの樹皮は、ピートモスに比べて繊維が荒く、大きな孔隙が多いことから乾燥しやすい。特にスギ樹皮は、ヒノキ樹皮よりも繊維が荒く、培地表面が乾燥するので、副資材を混合して孔隙間を埋める等、定植後から生育初期における培地の水分管理に注意する。

2.樹皮の鉄処理による生育阻害要因の除去については、平成18年度近畿中国四国農業研究成果情報p.83「スギ、ヒノキ樹皮粉砕繊維の鉄処理による生育阻害要因の除去技術」を参照。

3.鉄処理用資材として、硫酸第一鉄や塩化第二鉄等の中性水溶液は、樹皮が黒変し生育阻害物質除去の効果が認められるが、EDTA鉄等の酸性水溶液は効果が認められない。

[具体的データ]

 

[その他]
研究課題名 : スギ、ヒノキ樹皮粉砕繊維の農業利用
予算区分 : 県単
研究期間 : 2005〜2007年度
 
研究担当者 : 久田紀夫、森下年起、林 恭弘

目次へ戻る