品種詳細

東北農業研究センター

ななはるか

なたね「ななはるか」は成熟期が早い無エルシン酸系統である。九州南部地域において「ななしきぶ」より成熟期が4日早く、梅雨入り前に収穫可能である。また、圧搾油の食味がやや優れる。

主要特性

  • なたね「ななはるか」は、1995年東北農業試験場(現 東北農業研究センター)において、早生で多収のエルシン酸含有品種「チサヤナタネ」を種子親に、中生で耐倒伏性に優れる無エルシン酸系統「盛脂148」を花粉親として交配、系統育種法により育成した。
  • 育成地において、「ななはるか」は温暖地向きの「ななしきぶ」および寒冷地向きの「キザキノナタネ」と比較して成熟期が早い。「ななしきぶ」より越冬性はやや劣り低収である。子実はエルシン酸を含まず、容積重がやや大きく、外観品質は同程度である。
  • 鹿児島県内において、「ななはるか」は「ななしきぶ」と比較して成熟期が4日早い。やや低収であるが、子実は含油率がやや高く、容積重がやや大きい。東串良町における収油量は同程度である。
  • 実需者および育成地における食味評価では、「ななはるか」の圧搾油は「ななしきぶ」と比較し、やや優れた品質である。

栽培適地

九州南部地域

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
28550
(2013年9月27日)
2014年2月 5日

交配組み合わせ 旧系統名
チサヤナタネ × 盛脂148 東北96号

品種の利用許諾について