果樹園用トラクタ装着2軸カッタ式せん定枝粉砕機

要約

果樹園内で作業者が直径50mm以下のせん定枝を集めてホッパに投入すると、供給ローラで太い枝を割り、2軸カッタで粉砕して、網袋へ収容するトラクタ装着式作業機である。作業者2名での作業能率は3h/10a程度であり、作業者耳元騒音は従来機に比べて小さい。

  • キーワード:果樹、せん定枝、2軸カッタ、粉砕
  • 担当:生研センター・園芸工学研究部・果樹生産工学研究
  • 連絡先:電話048-654-7000
  • 区分:共通基盤・作業技術
  • 分類:技術・普及

背景・ねらい

リンゴ園やナシ園で発生するせん定枝は、白紋羽病などの発生要因となるため、ほ場から除去する必要があり、その収集・運搬・粉砕 には20h・人/10aと多大な労力を要している。また、混住化等に伴う野焼きの抑制への対応やバイオマスの有効利用の観点から、除去したせん定枝は、粉 砕して堆肥副資材等として再利用・再資源化することが望まれている。そこで、生産者が所有するトラクタに装着する方式により作業者2~3人で能率的な作業 が行え、従来機に比べ低騒音で粉砕できるせん定枝粉砕機を開発する。

成果の内容・特徴

    • 開発機は、供給部、粉砕部、排出部、収容部で構成される(図1、表1)。

1)供給部は、供給上ローラと供給下ローラで構成される。供給上ローラの外周には割裂き刃と掻込み歯を備え、割裂き刃は太い枝を縦方向に割る作用があり、掻込み歯はローラの枝搬送力を高める作用がある。

2)粉砕部は、30rpmと低速で回転する2軸カッタで構成される。2軸カッタはせん定枝を長さ35mm、幅25mm以下の大きさにせん断・圧縮してチップ化する。また、低速回転であるため、従来機のように供給ローラ間隙からチップが飛び出すことはない。

3)排出部はスクリュオーガで構成される。

4)収容部は、網袋載台、網袋支持枠で構成される。装着する網袋にはチップを20kg程度収容できる。なお、袋が満杯になると通路に置き、後で運搬車などを使って回収する。

    各作動部は油圧モータ駆動であり、過負荷時は自動停止する。また、太い枝が供給部や粉砕部に詰まった時には、レバー操作で逆転して容易に排出できる。
  • 作業者2名での処理能力は、ナシで最大640kg/h、リンゴで最大440kg/h程度である。園内での移動作業にあっては、ナシ園で3.3h/10a、リンゴ園で2.8h/10a程度である(図2)。
  • 24kWトラクタに装着しエンジン回転2000rpmでの作業時における作業者耳元騒音レベルは86dB程度である。

成果の活用面・留意点

  • 平成20年度に実用化の予定である。
  • 対象とするせん定枝の太さは直径50mm以下であり、対象外の太い枝は別途処理する必要がある。
  • 装着可能なトラクタは出力14.5kW以上である。

具体的データ

図1 トラクタ装着2軸カッタ式せん定枝粉砕機

 

表1 主要諸元 図2 作業能率(作業者2名)

 

その他

  • 研究課題名:循環型社会の形成に寄与する農業機械・装置等の開発
  • 課題ID:800-d
  • 予算区分:経常・次世代緊プロ(共同)
  • 研究期間:2004~2007年度
  • 研究担当者:金光幹雄、太田智彦、齋藤貞文、山本聡史、久保田興太郎、安食惠治、(株)IHIシバウラ、(株)氏家製作所、文明農機(株)
  • 発表論文等:特開2007-301527