稲発酵粗飼料向きの中生熟期の水稲新品種「たちすがた」

要約

水稲新品種「たちすがた」は温暖地東部での熟期が中生の中に属する粳種である。長稈で主に茎葉重が大きく、可消化養分総量(TDN)含量が高い。また、耐倒伏性に優れ、直播栽培にも適し、関東以西向けの稲発酵粗飼料向き品種として期待できる。

  • キーワード:イネ、飼料イネ、稲発酵粗飼料、直播、関東飼225号、たちすがた
  • 担当:作物研・低コスト稲育種研究チーム、稲マーカー育種研究チーム
  • 連絡先:電話029-838-8536
  • 区分:作物、関東東海北陸農業・関東東海・水田作畑作
  • 分類:技術・参考

背景・ねらい

自給粗飼料生産の拡大が求められる中で、イネを発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ)として利用する飼料イネの生産が進められ ている。埼玉県や群馬県では飼料イネ品種「はまさり」を主とした飼料イネ生産体系が確立されている。しかし、この地域での飼料イネ生産を拡大するために は、極晩生熟期の「はまさり」とは異なる熟期の飼料イネ品種を組み合わせて栽培し、収穫機械の稼働率の向上を図る必要がある。

成果の内容・特徴

  • 「たちすがた」は耐倒伏性の中間母本「関東PL12」と多収品種「タカナリ」の交雑後代より育成された飼料イネ系統である。
  • 出穂期は「日本晴」より5日程度早く、関東平坦部では“中生の中”熟期に属する。黄熟期は「日本晴」並である(表1)。
  • 稈長は「日本晴」より約20cm長い。穂数は「日本晴」より少なく、草型は“穂重型”である。
  • 黄熟期の乾物全重収量とTDN収量は移植と表面散播直播栽培の両方で「日本晴」より多い。精玄米重は「ホシアオバ」より低いが、「はまさり」と同様に茎葉の割合が高い飼料イネ系統である(表1)。
  • 押し倒し抵抗性が高く、耐倒伏性は「日本晴」より優れる“強”である。特に、直播栽培での耐倒伏性は優れる。
  • 脱粒性は“難”である。
  • いもち病真性抵抗性遺伝子型はPibと推定される。葉いもち圃場抵抗性と穂いもち圃場抵抗性は不明である。白葉枯病抵抗性は「日本晴」並の“やや強”である。縞葉枯病には“抵抗性”である。
  • 米飯は硬く、粘りが少ない。食味の総合評価は“下上”である。

成果の活用面・留意点

  • 「クサホナミ」や「はまさり」などの晩生の飼料イネ品種と組み合わせて利用し、飼料イネ生産の効率化を図ることが期待できる。
  • 耐倒伏性は“強”であるが、長稈であるので、中干しを確実に行い、極端な多肥栽培は避ける。
  • 穂数が少ないので、初期生育を確保する施肥体系とする。
  • いもち病圃場抵抗性程度が不明なため、病原菌のレースの変化に注意する。

具体的データ

表1.関東飼225号の特性

その他

  • 研究課題名:直播適性に優れた高生産性飼料用稲品種の育成
  • 課題ID:212-a
  • 予算区分:基盤、えさプロ
  • 研究期間:1999-2007
  • 研究担当者:根本博、安東郁男、加藤浩、佐藤宏之、太田久稔、平林秀介、竹内善信、石井卓朗、前田英郎、井辺時雄、出田収、平山正賢、坂井真、田村和彦、青木法明、田村泰章