普及成果情報

行政・普及機関、公立試験研究機関、生産者、民間企業にとって直接的に利用可能で、普及が期待できる研究成果です。

放射能対策技術: 2014年

2014年 畜産草地研究所 (主要普及成果)
牧草中放射性セシウム濃度低減のために、草地更新後もカリ施肥継続は必要
2014年 東北農業研究センター (主要普及成果)
カリ施用による玄そばの放射性セシウム濃度の低減