広報活動報告

「東北農業研究センター公開デー2016」 (本所) を開催しました。

情報公開日:2016年9月29日 (木曜日)

日時

2016年9月3日 (土曜日) 9時30分~15時30分

場所

東北農業研究センター本所 (岩手県盛岡市)

来場者数

1,375名

内容

9月3日 (土曜日) に本所(岩手県盛岡市)において「体験 ! 発見 ! 東北農研 !!」をテーマとして公開デーを開催しました。「水田農業の新時代を拓く」をテーマとした企画展示では、東北農研における最近の普及成果や水稲直播栽培に適した育成品種、新規プロジェクト、並びに果樹茶業研究部門リンゴ研究拠点の研究成果を紹介しました。また、ミニ講演会では、6~8月に実施した東北農研市民講座のうち2テーマ (私たちの回りの気候と気象、イチゴの品種改良) について講演しました。

試食コーナーでは、好評の「日本短角牛」や新品種の「豆腐」や「なたね油」のほか、新企画として、育成品種を使った「ピザ」や「生パスタ」の試食も行いました。また、「ロールベールお絵かき」、「トラクタに乗って写真を撮ろう」、「タマネギクイズ」などの体験イベントや、「農業機械展示」、「ヒツジの毛刈り実演」などの展示・実演コーナーもたいへん好評で、様々な企画に多くの方が参加しました。

さらに、今年初の試みとして、岩手県と東北農研が主催した「第1回いわてICT農業祭」を同時開催し、「GPSを使って自動走行するトラクタ」の試乗体験や話題の「ドローン」実演など、最先端の農業技術を多くの方に体験して頂いたほか、バスツアーでは、東北農研内ほ場見学や、果樹茶業研究部門リンゴ研究拠点の「ふじの原木」見学、リンゴジュースの試飲も行い、内容の充実した公開デーとなりました。

天候にも恵まれ、多くの方に東北農研の研究活動を知って頂く良い機会となりました。 ご来場頂き、誠にありがとうございました。

公開デーの様子

最近の研究成果等を紹介した企画展示コーナー
果樹茶業研究部門リンゴ研究拠点のいろいろな研究成果を展示
農業技術相談コーナーには、様々な相談が寄せられました。
ミニ講演会には、多くの方が参加しました。 「私たちの回りの気候と気象」をテーマとした講演。
「イチゴの品種改良」をテーマとした講演。
講演後には、所内で採れた夏イチゴの試食を行いました。
「これであなたもタマネギ博士!タマネギクイズ」のコーナー。パネルで学習してクイズに解答。
今年も羊毛プールは大人気です!
みんなが大注目!「ヒツジの毛刈り実演」コーナー。
「ヒツジのお絵かき」コーナー。ふわふらの羊毛を使って、上手にヒツジをお絵かき!
新企画その1 育成品種のコラボが実現!小麦「ゆきちから」×クッキングトマト「すずこま」ピザの試食。
新企画その2 育成小麦品種「銀河のちから」を使った国産小麦100%の生パスタの試食。
短角牛の試食は、会場外まで長い列が・・。用意した200食があっという間に無くなりました。
東北農研育成の大豆品種「シュウリュウ」の豆腐とナタネ品種「きらきら銀河」のなたね油の試食。
「オリジナル絵はがき・カードを作ろう」のコーナー。植物病原菌や虫を自分で撮影して自分だけの作品を作りました。
「わらで馬作り&葉っぱでバッタ作り」のコーナー。上手に作れたかな。
「ロールベールお絵かき」コーナー。みんな、思いっきり書いてね!
「トラクタに乗って写真を撮ろう!」のコーナー。家族と記念の1枚をプリントしてプレゼント。
「第1回いわてICT農業祭」を同時開催。GPSを使って自動走行するトラクタの試乗体験。
自動走行中の運転席の様子。手ばなしで、プログラムどおりに走行していきます。
「第1回いわてICT農業祭」でのドローン実演。話題のドローンをみんなで見上げます。
クイズラリーのヒントは、案内係へ聞いてみよう!かぶり物や着ぐるみが目印。
バスツアーでは、果樹茶業研究部門リンゴ研究拠点の「ふじの原木」も見学。
ふじの原木の前で、リンゴジュースを試飲しました。
北厨川小学校3年児童による農作業体験学習の展示。
岩手県環境学習広報車「エコカーゴ」による体験コーナー (協力:学習交流センター) 。
季刊広報誌 NARO
農研機構研究報告