広報活動報告

第7回食と農のサイエンスカフェ in 四国「野菜や花の生育に最適な環境を~温室のひみつ~」を開催しました

情報公開日:2016年8月19日 (金曜日)

開催日時

2016年7月23日(土曜日) 10時~11時40分

開催場所

農研機構西日本農業研究センター四国研究拠点(仙遊地区)

参加人数

21名(一般18、学生 2、児童 1)

開催概要

四国研究拠点でのサイエンスカフェは7回目の開催となります。
今回は「野菜や花の生育に最適な環境を~温室のひみつ」と題し、傾斜地園芸研究領域傾斜地野菜生産グループの川嶋グループ長から野菜や花が生育しやすい環境をつくる施設である「温室」での環境制御の仕組みについて、最新の研究を交えながら話題提供を行いました。
施設園芸の発展過程と温室面積の推移、被覆様式と資材の歴史にはじまり、換気、暖房、冷房など温室の環境制御方法のほか、温室大国オランダをはじめとする世界のいろいろな温室の話に対して、参加者からも活発に質問が出され、とても充実した時間となりました。
今回のサイエンスカフェも大変好評のうちに終了し、「温室の仕組みが少しわかった」、「食するだけでなく、作ることにも興味を持つようにする」、「多くの者が色々な専門の話を聞きたいと思う。このような機会を続けて、また、知らせて欲しい」など、多くの感想が寄せられました。

 

会場の様子

季刊広報誌 NARO
農研機構研究報告