プレスリリース

最新のプレスリリース一覧

RSS

2020年11月27日
(お知らせ) 農研機構・ワーヘニンゲン大学研究センター共催 国際シンポジウム2020 「未来の農業・食品産業を創る国際研究戦略 "Research Initiatives toward Future Agriculture and Food Industry"」を開催
2020年11月26日
(研究成果)日本コムギ農林61号など世界15品種の高精度ゲノム解読に成功~ゲノム情報を利用した迅速な分子育種技術の開発に期待~(外部リンク:横浜市立大学)
2020年11月25日
(研究成果) 大陸を渡ったH5N8亜型 高病原性鳥インフルエンザウイルス
2020年11月25日
(研究成果) 株枯病抵抗性のイチジク台木新品種「励広台(れいこうだい)1号」 - 野生種との種間雑種で株枯病に極めて強い -
2020年11月25日
(研究成果)お米(イネ胚乳)の生長を制御する遺伝子を同定~受粉無しでデンプンを蓄積~(外部リンク:横浜市立大学)
2020年11月18日
(研究成果) 適切な環境で保存すると、種子の寿命はどのくらい? - 30年間の保存と発芽試験の結果から、長持ちする種子が判明 -
2020年11月17日
(安全性検査)令和2年度農業機械安全性検査合格機(第5次分)について - 基準をクリアした安全性の高い農業機械 -
2020年11月16日
(研究成果) 営農作業で実施できる効果的な土壌流亡対策 - 営農排水改良機「カットシリーズ」と部分不耕起帯 「ドットボーダー・プロテクト」の併用 -
2020年11月16日
(研究成果) 日本最西端の島で新規の節足動物媒介(アルボ)ウイルスを発見 - 継続的な監視活動により、未知ウイルスの国内への侵入を検出 -
2020年11月16日
(研究成果)植物の甘味成分グリチルリチンの酵母生産に成功 -最後の1ピースの酵素遺伝子の発見、植物バイオテクノロジーで大豆の育種にも貢献-(外部リンク:大阪大学)
2020年11月12日
(研究成果) 藁(わら)と畜糞燃焼灰が互いをアップグレード - 農畜資源を混ぜ置くだけで利用し易く、資源価値が向上 -
2020年11月12日
(お知らせ)長崎県でイチゴ「恋みのり」の安定栽培を農研機構が支援 - 長崎県向けの栽培技術標準作業手順書を作成 -
2020年11月12日
(お知らせ)オンラインイベント開催のお知らせ 国立研究開発法人協議会シンポジウム 「with/post コロナ社会を生き抜くために」 「国研協による科学技術の連携で目指す SDGs」 (外部リンク:国立研究開発法人協議会 )
2020年11月10日
(研究成果) 4種の重要病害に強いトマトを作出 - 強くなる仕組みを調べ、防除方法の開発を目指す -
2020年11月4日
(研究成果) ビワキジラミ防除のための総合技術マニュアル 改訂版を公開 - 農薬の新規登録・適用拡大により多発地でも安心のビワ生産が可能に -
2020年10月29日
(研究成果)縞葉枯病に強いイネ発酵粗飼料専用品種の育成 早生の「つきはやか」と中生の「つきあやか」 - 早生化と耐病性の強化により栽培適地が拡大 -
2020年10月28日
(お知らせ)NTTと農研機構が秘密計算技術による作物ビッグデータ活用の共同研究を開始~安全かつ高度な作物データ利活用の活性化した世界を目指して~(外部リンク:日本電信電話株式会社)
2020年10月27日
(お知らせ)「ロボット農機高度運用フェア」を開催 - 車両系ロボット農機を基軸とした営農モデルの構築を目指して -
2020年10月27日
(研究成果) 幼若(ようじゃく)ホルモンの働きを抑える薬剤探索法の開発と新たな昆虫成長制御剤の候補となる化合物の発見 - ターゲット分子を狙い撃ちにした薬剤開発に期待 -
2020年10月26日
(研究成果)単為結果性品種の育成に道 ナスに単為結果性をもたらす仕組みを解明した成果が国際科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載!果菜類の生産安定化と作業労力削減に期待(外部リンク:タキイ種苗株式会社)