(国立研究開発法人)
農業・食品産業技術
総合研究機構
中央農業
研究センター
鳥獣害グループ
Wildlife Management Laboratory
(Former Applied Ornithology Laboratory until March 2001)
最終更新日
2018/11/7
(2001年3月まで農業研究センター鳥害研究室)
(2006年3月まで中央農業総合研究センター鳥獣害研究室)

(2011年3月まで中央農業総合研究センター鳥獣害研究サブチーム)
(2016年3月まで中央農業総合研究センター鳥獣害管理プロジェクト)

  
目次 ヘッドラインニュース
English

総目次

(サイトマップ)

トピックス

研究グループ紹介
活動記録
発表論文・著書

訪問案内

課題・成果

共同研究等

鳥害対策
文献資料
参考図書
資料の活用

よくある質問

利用上の注意

リンク集


更新履歴

中央農研
農研機構

農研機構研究報告中央農研に廃果に関する論文を執筆(H30.9.10)
   「農研機構研究報告 中央農業研究絵センター」第4号に、小坂井、秦、佐伯、竹内が『中型食肉目による廃果採食効率の試算:イチゴの場合』(p15-27)を執筆しました。アライグマ、ハクビシン、アナグマ、タヌキがイチゴの廃果を利用していることを明らかになりました。さらにアライグマ、ハクビシンで採食効率を試算したところ、1日の必要エネルギー量をそれぞれ約13分、約95分という短時間で獲得できることが分かりました。 
 
 
 
 
   日本鳥学会2018年度大会で発表(H30.9.14-17 )
   新潟大学で開かれた日本鳥学会2018年度大会において、鳥獣害グループから以下の発表があります。

・カラスの飛来侵入を妨げる糸の設置間隔と設置高さ
〇吉田保志子・佐伯緑

・スズメは糸の色や素材により侵入頻度を変えるのか
〇山口恭弘

 
 
 
 
 
 
   日本哺乳類学会2018年度大会で発表(H30.9.7-10 )
  信州大学で開かれた日本哺乳類学会2018年度大会において、鳥獣害グループから以下の発表がありました。

・外来種アライグマ・ハクビシンにとってのイチゴ廃果の餌としての価値
〇小坂井 千夏, 秦 彩夏, 佐伯 緑, 竹内 正彦

・ツキノワグマの歯の年輪幅への繁殖履歴の反映の解明
〇栃木 香帆子1, 玉谷 宏夫2, 小坂井 千夏3, 稲垣 亜希乃1, 長沼 知子1, 名生 啓 晃 1, 山﨑 晃司 4, 小池 伸介 1(1 東京農工大学, 2 ピッキオ(株), 3 農研機構, 4 東京農業 大学)

・野生ツキノワグマの非侵襲的な体重測定方法の開発と経時的体重変化計測の事例
〇竹腰 直紀1, 名生 啓晃2, 岩﨑 正2, 稲垣 亜希乃2, 長沼 知子2, 小坂井 千夏3, 小池 伸介 2, 山﨑 晃司 1(1 東京農業大学, 2 東京農工大学, 3 国立研究開発法人農業・ 食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   日本哺乳類学会奨励賞を獲得(H30.9.8)
   小坂井が日本哺乳類学会奨励賞をいただきました。

「ツキノワグマの行動とブナ科堅果の豊凶との関係解明
 現場の実情に即した保護管理に向けて」
 
 
 
 
   農研機構の鳥害対策-増補改訂版-を作成(H30.3.15)
   「くぐれんテグス君」と「防鳥網の簡易設置技術(らくらく設置2.0)」に加えて、「畑作テグス君」と「らくらく設置3.5」の概要を紹介したカラー12頁のパンフレット「農研機構の鳥害対策-増補改訂版-」を作成しました。

本パンフレットでは、これまでの版に発展型の2技術を加えた4技術を紹介することで、対応できる圃場や作物の範囲を拡げるとともに、表紙には加害鳥種と対象作物を視覚的に明示した適用表を配することで、生産者のみなさんがご自分の圃場で使える技術を選択しやすくしています。

希望者には、無償で配布いたしますので、中央農業研究センター産学連携室広報チームにメールでお問い合わせください(部数に限りがあるため配布は先着順となります)。

問い合わせ先: koho-narc(at)naro.affrc.go.jp  (at)を@に置き換えて送信してください。

パンフレットはこちらからダウンロードもできます。

・パンフレット「農研機構の鳥害対策」-増補改訂版-(pdfファイル 1.77MB)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   らくらく設置3.5動画マニュアルを公開(H30.3.15)
高さ3.5mまでの果樹に手軽に防鳥網を掛ける「らくらく設置3.5」の設置方法をわかりやすく実演した動画マニュアルを作成しました。

以下のURLから動画マニュアル「らくらく設置3.5」を視聴できます。

https://www.youtube.com/user/NAROchannel
 
   4つのマニュアルの改訂版を公開(H30.3.1)
  鳥害対策の4つのマニュアルを改訂しました。是非ダウンロードしてご利用ください。

テグスを用いた果樹園のカラス被害対策
・「くぐれんテグス君」設置マニュアル(1.25MB)
テグスを用いた畑作物のカラス被害対策
・「畑作テグス君」設置マニュアル(784KB)
樹高2mまでの果樹列等への防鳥網の簡易設置技術
・「らくらく設置2.0」マニュアル(2.32MB)
樹高3.5mまでの果樹列等への防鳥網の簡易設置技術
・「らくらく設置3.5」マニュアル(1.99MB)
 
 
 
 
 
 
 
 
   ■農水省被害マニュアル鳥類改訂版が公開(H29.3.31)
  農林水産省 農村振興局 監修の「野生鳥獣被害防止マニュアル改訂版-鳥類編-が農水省のウェブサイトで公開されました。当グループの山口・吉田が編集に積極的に関わり、また写真もたくさん提供しました。わかりやすいマニュアルになっておりますので、ぜひダウンロードしてお役立てください。
 
 
 
 
■鳥害研修用資料
鳥害研修用資料を一新!「配布用資料」「発表用資料」を大幅改訂、さらに「害鳥図鑑」「痕跡図鑑」を作成しました。研修などで是非お役立てください。なお、ご利用になられる際は連絡をお願いします。
・鳥害研修用テキスト(pdfファイル 1.24Mb)
・鳥害研修用スライド(pdfファイル 7.26Mb)
・害鳥図鑑(pdfファイル 3.40Mb)
・鳥害痕跡図鑑(pdfファイル 4.98MB)
  ■営農管理的アプローチによる鳥獣害防止技術の開発(平成19-21年度)
  新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「営農管理的アプローチによる鳥獣害防止技術の開発(平成19-21年度)」の成果です。

 実用技術「営農管理」成果パンフレット(pdfファイル 5,922kb)
詳しい内容については下の報告書↓をご覧下さい

「営農管理的アプローチによる鳥獣害防止技術の開発」報告書(pdfファイル 31.4mb)   
 
 
 
 
 
 
■イノシシの生態解明と農作物被害防止技術の開発(平成15-18年度)
農林水産高度化事業「イノシシの生態解明と農作物被害防止技術の開発(平成15-18年度)」の成果をまとめたウェブサイトです。

「イノシシの生態解明と農作物被害防止技術の開発」

 
 
 

このウェブサイト掲載の資料を利用する際には利用上の注意をお読み下さい。
電子メール koho-narc(at)naro.affrc.go.jp
*メールを送信する際は、(at)を@に置き換えて送信してください
*中央農研広報へのメールとなりますのでご注意ください。
*宛先に「鳥獣害グループ」と明記していただけますようお願いします。
郵便住所 305-8666 茨城県つくば市観音台2-1-18
農研機構 中央研 鳥獣害
グループ
電話・ファックス Tel. 029-838-8481(中央研代表にかかりますのでご注意ください)