前の記事 目次 研究所 次の記事 (since 2000.05.01)
情報:農業と環境 No.91 (2007.11)
独立行政法人農業環境技術研究所

つくば科学フェスティバル2007 (11月17−18日)


つくば科学フェスティバル2007
パンフレット (PDF,650 KB)
(対応するファイルが見つかりません。2012年1月)

つくば市は、青少年が楽しみながら科学に触れ合うことのできる機会として 「つくば科学フェスティバル」 を開催しています。例年、市内の研究機関や学校・団体が協力して、科学実験や体験・展示・講演などの企画が実施されます。今年は11月17日 (土曜日)と18日 (日曜日) の2日間にわたって、つくばカピオ (茨城県つくば市竹園1丁目10−1) で開催されます。

農業環境技術研究所は、この科学フェスティバルに 「身近な外来植物とその脅威」 という企画を出展します。外来植物とは外国からやってきた植物のことです。外来植物の多くは、自然のバランスをこわして日本に昔からいた植物を押しのけてしまったり、雑草として農業に被害を与えたりします。また、毒のある成分を持った危険な植物もあります。

2日間にわたっていろいろな外来植物がブース内に展示されます。実物を見たりさわったりしながら、外来植物たちのおもしろい特徴や、心配される環境への影響などについて、研究者の説明を聞いて、質問ができます。たのしいクイズも用意しています。植物に関心がある方も、あまりない方も、ぜひ 「外来植物」 のブースをのぞいてください。

つくば科学フェスティバル2007

日時: 平成19年11月17日(土曜日)− 18日(日曜日)

17日  9:30−10:00 オープニングセレモニー

17日 10:00−16:00 開催時間

18日  9:30−16:00 開催時間

場所: つくばカピオ (茨城県つくば市竹園1丁目10−1)

前の記事 ページの先頭へ 次の記事