第6回衛星データの農業実利用研究会
−農業分野における衛星データの流通と利用−

 
 
趣 旨
 21世紀を迎えて,人類は,地球温暖化や異常気象に代表される地球環境問題,人口増加と経済成長に伴う食糧不足,頻発する自然災害という解決すべき問題を抱えている。この状況を客観的に把握し,対応方針を導く技術として,衛星リモートセンシング技術が注目されている。

 今回は,農業分野での衛星データの利用推進を目的として,衛星データの特性と流通,ネットワーク環境の利用,応用分野での利用例についての成果発表と討議を行う。
 
主  催 衛星リモートセンシング推進委員会農業ワーキンググループ
協  賛 農林水産研究計算センター,農業環境技術研究所
開催日時 平成14年2月26日(火)10:30−17:00
開催場所 農業環境技術研究所 大会議室
 
プログラム
開会あいさつ 10:30〜10:45
  林 陽生  農業環境技術研究所  
  森山 隆  宇宙開発事業団  

第1部 衛星データの流通

 
 ALOS・ADEOS-II計画 10:45〜11:10
  小野 敦  宇宙開発事業団  
 LANDSAT・SPOT・RADARSAT 11:10〜11:30

 
伊藤恭一  リモートセンシング技術センター
 
 TERRA/ASTER 11:30〜11:50
  加藤胤一  資源・環境観測解析センター  
 IKONOS 11:50〜12:10
  李 雲慶  日本スペースイメージング  
 QuickBird 12:10〜12:30
  小平高敏  日立ソフト  
(昼食)  

第2部 ネットワーク関連

 
 SIDaB・つくばWAN 13:30〜14:00
  名越 誠  農林水産研究計算センター  
  江口 尚  農林水産研究計算センター  
 防災関連利用データベース 14:00〜14:20
  佐藤 功  産業技術総合研究所  

第3部 応用利用事例

 
 北海道での事例−おいしい米・小麦の高収量− 14:20〜14:50
  志賀弘行  北海道立北見農業試験場  
  安積大治  北海道立中央農業試験場  
 広島での事例−荒廃農地の把握− 14:50〜15:10
  谷本俊明  広島県立農業技術センター  
 水田面積調査 15:20〜15:40
  石塚直樹  農業環境技術研究所  
 農業災害モニタリング 15:40〜16:00

 
宋 献方  科学技術振興事業団
        (現ビジョンテック)

 

第4部 総合討論
16:00〜17:00
 
 (パネリスト) 安田嘉純  東京情報大学  
  本郷千春  千葉大学  
  関矢信一郎 ホクレン農業協同組合連合会  
  塩川正則  長野県営農技術センター  
  高野 充  日本農村情報システム協会  
  岡本勝男  農業環境技術研究所  
  岩濱好則  農林水産省大臣官房統計情報部  
閉会あいさつ  
  斎藤元也  農業環境技術研究所  
 
事 務 局 リモートセンシング技術センター 利用推進部 促進課 齋藤健一
    〒106-0032 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル12階
    TEL:03-5561-4549,FAX:03-5574-8515
    E-mail:ksaito@restec.or.jp
    独立行政法人 農業環境技術研究所 地球環境部
     生態システム研究グループ 斎藤元也
    〒305-8604  つくば市観音台3-1-3
    TEL:0298-38-8221,FAX:0298-38-8199
    E-mail : genya@niaes.affrc.go.jp