第22回農業環境シンポジウムおよび
第2回有機化学物質研究会:合同シンポジウム
「残留性有機汚染物質(POPs)による
環境汚染の現状と今後の対策」の開催

 
 
趣 旨
 
残留性有機汚染物質(Persistent Organic Pollutants, POPs)は、環境中で安定であるため地球上のあらゆる場所から検出されており、そのうえ脂溶性であるために食物連鎖により動物の脂肪組織に蓄積されやすい性質を持っている。POPsは、内分泌かく乱作用を有することが疑われており、ヒトをはじめとする動物の種の存続の脅威となっている。このため、POPsに対して人の健康の保護および環境の保全を図るため、2001年5月に「POPsに関するストックホルム条約」が採択された。
 
現在、わが国では同条約の批准に向けて、国内制度の整備と関連物質の排出抑制対策が重要な課題となっている。優先的に対策を求められている12物質のうちアルドリン、ディルドリン、エンドリン、ヘプタクロール、クロルデン、DDTはわが国で農薬として使用されたことがあり、使用を中止した際に残余の農薬を埋設処分した経緯がある。そのため、これらの農薬による環境汚染が懸念されおり、埋設した農薬の無毒化処理技術の検討が行われている。
 
このシンポジウムではPOPsについて環境中濃度の実態、生物影響、無毒化処理に関する現状等について問題点を整理し、今後の対策について議論を深めることにより、POPsによる環境汚染を抑制し、国民の生活環境の保全のための研究に役立てたい。
 
開催日時 : 平成14年9月12日(木)10:00〜17:00
開催場所 : (独)農業環境技術研究所 大会議室
 
  プログラム(予定)  
10:00〜10:15 あいさつ  
  農業環境技術研究所 理事長   陽 捷行
10:15〜10:55 POPs条約の批准と国内の動向  
  農林水産省 農薬対策室長   澤田 清
10:55〜11:35 農業環境中におけるダイオキシン類の動態  
  農業環境技術研究所   殷 熙洙
11:35〜12:15 POPsによる陸域生態系の汚染の現状  
  北九州市環境科学研究所  門上希和夫
  (昼 休 憩)  
13:15〜13:55 POPsによる海洋生物の汚染の現状  
  愛媛大学   岩田久人
13:55〜14:35 POPsの分解技術の現状とその応用  
  東京農工大   細見正明
  (休   憩)  
14:55〜15:35
 
難分解性有機化合物の微生物分解機構と分解技術の開発方向
 
  農業環境技術研究所   小川直人
15:35〜16:15 化学物質のヒトへの健康影響  
  国立医薬品・食品衛生研究所   関澤 純
16:15〜17:00 総合討論  
 
参集範囲 :
 
国公立・独立行政法人試験研究機関、大学、行政部局、関係企業・団体等
 参加申し込み・問合せ先 :
  農業環境技術研究所 環境化学分析センター長 石井康雄
   同 化学環境部 有機化学物質研究グループ長 上路雅子
  〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
  電話:0298-38-8430(石井)または0298-38-8301(上路)
  ファックス:0298-38-8199(所代表)
  E-mail : ishiiy@niaes.affrc.go.jp または zueji@niaes.affrc.go.jp