世界イネ研究会議国際シンポジウム

(2004年11月4-7日、東京/つくば)

東京シンポジウム(開会式、基調講演、パネルディスカッション)

開催日時: 平成16年11月4日(木)

開催場所: 赤坂プリンスホテル(東京)

つくばシンポジウム(基調講演、分科会、ワークショップ)

開催日時: 平成16年11月5日(金)−7日(日)

開催場所: エポカルつくば国際会議場(つくば)

主催: 農林水産省 (MAFF) (最新のURL(アーカイブ)に修正しました。2012年8月)

共催: 農業・生物系特定産業技術研究機構 (NARO) (最新のURL(アーカイブ)に修正しました。2012年8月)農業生物資源研究所 (NIAS) (最新のURL(アーカイブ)に修正しました。2012年8月)農業環境技術研究所 (NIAES)農業工学研究所 (NIRE) (最新のURL(アーカイブ)に修正しました。2012年8月)食品総合研究所 (NFRI)国際農林水産業研究センター (JIRCAS)農林水産政策研究所 (最新のURLに修正しました。2012年8月)国際稲研究所(IRRI)、国際コメ年日本委員会(http://www.fao-kyokai.or.jp/iyr-japan/ (対応するページが見つかりません。2012年8月)

(上の各組織・機関名をクリックするとそれぞれの情報サイトに移動できます)

開催趣旨:

コメは地球上の人口の半分を養い、世界の数千万人がコメに関連する産業で働いています。また、稲作は私たちの環境ともかかわり合いがあります。コメ生産は、単独では世界でもっとも重要な経済活動であり、このため国連は2004年を国際コメ年とすることを宣言しました。

コメにかかわる産業が直面している多くの課題について解決を見いだすため、農林水産省は、平成16年11月4日−7日に世界イネ研究会議を東京(開会式と基調講演)とつくば(研究シンポジウム)で開催します。

世界イネ研究会議は、国際コメ年におけるもっとも重要な研究イベントであり、世界の食料安全保障、貧困軽減や環境保全などのコメに関する幅広い課題について、最新の研究情報を提供します。世界イネ研究会議では、世界中のコメにかかわっている科学者が集い、世界の何百万というコメ農家と消費者に利益をもたらし、より健康的な暮らしを育む、最新の成果とアイディアについて討議します。

多くの貧しい人々が食料としてだけでなく生活のためにコメに依存しており、それらの知見は、国際社会が国連のミレニアム目標を達成するための必要不可欠なものとなるでしょう。世界イネ研究会議では、農水省が国内の農業研究機関や国際イネ研究所とともに、世界の最新のイネ研究を描き出します。

(「世界イネ研究会議国際シンポジウム」ファースト・アナウンスメントより)

プログラムおよび参加登録:

国際農林水産業研究センターの WRRCホームページ( http://www.jircas.affrc.go.jp/seminar/WRRC2004/ (対応するページが見つかりません。2012年8月))をご覧ください)

つくばシンポジウムにおいては、基調講演のほか、20のセッション(分科会)と6つのワークショップが開かれます。農業環境技術研究所は、そのうち、農業環境にかかわる次の2つのセッションを主催します。

Session 12: Conservation of Soil, Water and Environment in Rice Cultures
(水稲栽培における土壌、水、および環境の保全)

日時: 11月6日(土)9時−17時30分

コンビーナー: 斎藤雅典(NIAES)、伊藤純雄(NARO)、野副卓人(IRRI)

要旨:
水田稲作は、千年以上の永きにわたって、その土壌肥沃度を維持し得る希有のシステムと考えられている。しかし、近年、集約的な施肥管理を行っている水稲連作圃場における生産力の低下が報告され、水田が本来有している生産力の持続性に危惧の念が呈されている。また、水稲生産が過剰基調にある国々においては、合理的・持続的な田畑輪換のための土壌管理技術の確立が望まれている。東アジア諸国を中心にした集約的栽培は、肥料や農薬成分の水田から流出を引き起こし、周辺環境への負荷を及ぼしている。

そこで、本シンポジウムでは、水田の有する生産機能の持続性、水田を巡る環境の保全、ならびにそれらを可能にする土壌管理技術について、最新の研究成果の発表に基づき討議を行う。

Tentative Program for Session 12 (Nov. 6, 9:00-17:30):

 9:00- 9:05  Opening  (Saito, M. (NIAES), Itoh, S. (NARO), Nozoe, T. (IRRI))

 9:05- 9:45  Paddy Soils in the World  (Kyuma, K., Kyoto University, Japan)

 9:45-10:10  Sustainability of Paddy Soil Fertility in Vietnam  (Ngoc Hung, N., Cantho University, Vietnam)

10:10-10:35  Managing Soil Fertility for Sustainable Rice Production in Northeast Thailand  (Naklang, K., Surin Rice Research Center, Thailand)

10:35-11:00  Site-specific Nutrient Management and the Sustainability of Phosphorus and Potassium Supply in Irrigated Rice Soils of Asia  (Witt, C., Southeast Asia Program of PPI/PPIC and IPI, Singapore)

11:00-12:00   (Poster Session)

12:00-13:15   (Lunch)

13:15-13:30  Indigenous Knowledge, High Yield of Rice and Sustainable Agriculture Through Conservation of Soil, Water and Environment  (Mukhopadhyay, D., Sparta Institute of Social Studies, India)

13:30-13:55  Ecological Engineering for Sustainable Rice Production and the Restoration of Degraded Watersheds in West Africa  (Wakatsuki, T., Kinki University, Japan)

13:55-14:20  N Cycle in Paddy Field and Environmental Impact  (Zhu, JG, Institute of Soil Science, Chinese Academy of Sciences, China)

14:20-14:35  IFDC's Experiences with Deep Placement of Urea Supergranules for Flooded Rice in Bangladesh  (Bowen, W., IFDC, Bangladesh)

14:35-15:00  New Fertilizer Management to Maximize Yield and to Minimize Environmental Impact in Rice Culture  (Saigusa, M., Tohoku University, Japan)

15:00-15:30   (Coffee break and Poster viewing)

15:30-15:55  Does Anaerobic Decomposition of Crop Residues Impair Soil Nitrogen Cycling and Yield Trends in Lowland Rice?  (Olk, D., USDA Agricultural Research Service, USA)

15:55-16:20  Influence of Paddy-Upland Rotation on Soil Physico-Chemical Properties and Crop  (Lee, D.B., Honam Agricultural Research Institute, Korea)

16:20-16:45  Depletion of Soil Fertility and Crop Productivity by Succession of Paddy-upland Rotation  (Sumida, H., NARO, Japan)

16:45-17:10  Promising Technologies for Reducing Cadmium Contamination in Rice  (Ishikawa, S., NIAES, Japan)

17:10-17:30  General Discussion  (Saito, M. (NIAES), Itoh, S. (NARO), Nozoe, T. (IRRI))

Session 19: Climate Change and Rice Production
(気候変動とコメの生産)

日時: 11月7日(日)9時−12時30分

コンビーナー: 今川俊明 (NIAES), Sheehy, J. (IRRI)、長谷川利拡(NIAES)

要旨:
地球規模の気候変動は,世界各地の食料生産に大きな影響を及ぼす。特にアジアの高い人口扶養力を支えるコメ生産への影響は,世界的な食料事情を激変させる恐れがある。それゆえ気候変動がコメ生産に及ぼす影響を的確に予測し,対策技術を確立することが強く望まれる。一方,水田は強い温暖化効果を持つメタンの主な発生源の1つと指摘されており,その発生量の削減は喫緊の課題である。

本セッションでは,今後予想される気候変動がアジア各地のコメ生産やにどの程度の影響を及ぼすかについて,実験および作物成長・収量予測モデルによる研究を紹介する。さらに,水田からの温室効果ガスの発生予測および抑制技術に関する最近の話題を紹介し討議する。

Tentative Program for Session 19 (Nov. 7, 9:00-12:30):

 9:00- 9:10  Opening  (Imagawa, T. (NIAES), Sheehy, J. (IRRI) and Hasegawa, T. (NIAES))

 9:10- 9:30  Effects of Elevated Atmospheric CO2 Concentration and Increased Temperature on Rice; Implications for Asian Rice Production  (Horie, T., Kyoto University, Japan)

 9:30- 9:50  Monitoring of Rice Growth and Development Using Crop Model : Case of Northern Japan  (Yajima, M., National Agricultural Research Center for Tohoku Region, Japan)

 9:50-10:10  Coping with Climate Change and Variability in Rice Production in the Philippines  (Lansigan, F., University of the Philippines Los Banos, Philippines)

10:10-10:40   (Coffee break)

10:40-11:00  Effect of Elevated CO2 on Nutrients Uptake and Nutritional Conditions of Rice (Oryza Sativa L.)  (Zhu, J., Chinese Academy of Sciences, China)

11:00-11:20  Effect of the Soils Properties, Substrate Addition, Microbial Inoculation and Sonication on Production and Emissions of Methane from Three Rice Topsoils and Subsoils in the Philippines  (Mitra, S., The Energy and Resources Institute, India)

11:20-11:40  Modeling Impacts of Farming Management Alternatives on Greenhouse Gas Emissions: A Case Study for Rice Agriculture of China  (Li, C., University of New Hampshire, USA)

11:40-12:00  General Discussion  

12:00-12:30   (Poster viewing)


シンポジウム・研究会・ワークショップの開催記録 農業環境技術研究所