トップページへ  負傷事故の動向

  HOME 負傷事故の動向 平成14年


HOME

平成11年

平成12年
平成13年

平成14年





      農業機械傷害事故調査結果(平成14年)


1 調査対象及び調査対象期間

  調査対象   : 傷害共済加入者のうち農業機械による事故で給付を受けた者
  調査期間   : 平成14年1月1日〜12月31日
  調査対象件数 : 1,175件

2 調査方法
 傷害共済等の関係書類から全国で発生した農業機械作業事故に該当するものについて抽出。

3 調査結果
3−1 年齢階層別・男女別割合
 傷害事故を年齢階層別にみると、60歳以上層の事故が67%を占めている。
 男女の割合は、男性が82%で女性が18%となっている。
図1 年齢階層別・男女別割合

図1 年齢階層別・男女別割合


3−2 月別の事故発生割合
 月別の事故発生率をみると4月〜6月までと8月〜10月までの間が10%以上を占め、その間の5月と9月15%とピークを示している。
図2 月別割合

図2 月別割合


3−3 曜日別の事故発生割合
 曜日別にみると、土曜日と日曜日に事故が多く発生している。
図3 曜日別割合

図3 曜日割合


3−4 時刻別の事故発生割合
 9時〜12時までの事故発生率が36%になっている。また15時〜18時までが35%を 占めている。
図4 時刻別割合

図4 時刻別割合


3−5 原因別の事故割合
 事故原因として多いものは、刃部等(原因コード11,17)が31%、挟まれ・巻き込まれ(同9,10)が26%、機械の転落・転倒(同2,6)が12%、激突(同15,16)が11%、切れ、こすれ(同17)が8%となっている。
図5 原因別割合

図5 原因別割合

農業機械作業に係る事故原因コード
道路上事故 9 機械自体に巻き込まれる
1 他車との事故 10 機械と他の物体との間に挟まれる
2 単独事故で,機械の転落・転倒 11 機械の刃部によるもの
3 単独事故で,機械から人の転落 12 飛来物によるもの
4 単独事故で,機械と物体との衝突 13 火・熱によるもの
5 その他の道路上での事故 14 その他
道路上以外での事故 15 激突
6 機械の転落・転倒 16 激突され
7 機械から人の転落 17 切れ、こすれ
8 ひかれる 18 動作の反動、無理な動作


3−6 機種別・原因別割合

図6 機種別・原因別割合
図6 機種別・原因別割合

               (%)
機 種

機械の
転落・転倒

人の
転落・転倒

巻込れ 挟まれ 刃等 飛来物 激突 無理な
動作
小計
乗用型トラクター 28 6 7 22 6 1 19 2 90
歩行型トラクター 22 6 12 18 9 0 19 10 95
自脱型コンバイン 8 1 18 13 36 1 8 2 88
動力刈払機 0 4 0 0 71 17 1 1 95
動力運搬車 35 8 0 15 0 0 20 3 82


3−7 入院・通院割合
 事故が発生すると25%は入院しており、そのうち10日以内のが最も多い。
 また、入院を要しなかった通院だけのものが75%となっているが、その大半が30日以内の通院となっている。
図7 入院・通院割合

図7 入院・通院割合

日数 -10 11-30 31-60 61-90 91 通院計(%)
0 39 29 6 1 1 75
1-10 3 3 0 0 0 7
11-30 7 2 0 0 0 9
31-60 4 0 1 0 0 5
61-90 2 0 0 0 0 3
91- 1 0 0 0 0 1
入院計(%) 56 34 7 1 1 100


3−8 機種別割合
 主な機種の割合は、乗用型トラクター17%、歩行型トラクター14%、自脱型コンバイン10%、動力刈払機19%である。

図8 機種別割合

図8 機種別割合

3−9 主要機械事故の年齢別割合
 主要機械事故の年齢別割合をみると、乗用型トラクターでは60歳〜64歳層にピークがあり、歩行型トラクターでは75歳〜79歳層にピークがあり、事故全体のピークは65歳〜69歳層にあり、乗用型トラクターでは比較的若い年齢層にピークがあり、歩行型トラクターでは、ピークがより高齢者にシフトしている。また、自脱型コンバインと動力刈払機では65歳〜74歳層にピークがあり事故全体の傾向と同じ傾向を示している。
 また、乗用型トラクター、動力刈払機では40歳〜60歳層の占める割合が他の機種に比べ比較的高い。

図9 主要機械事故の年齢別割合

図9 主要機械事故の年齢別割合

3−10 事故原因の年齢別割合
 人の転落・転倒、巻き込まれ、刃部等による事故は65歳〜69歳層にピークがあり、事故全体の傾向と同じ傾向を示している。
機械の転落・転倒による事故は70歳〜74歳層にピークがあり、ピークがより高齢者にシフトしている。
図9 主要機械事故の年齢別割合

 
図10 主要機械事故の年齢別割合

3−11 受傷部位別割合
 受傷部位をみると手指部や手根といった手に関する部分が48%ともっとも多く、下腿を含む足に関する部分が31%で手と足で全体の78%を占めている。

図10 受傷部位別割合

図11 受傷部位別割合


 機種別の受傷部位では自脱型コンバイン、動力刈払機、乗用型トラクターで手・指部が50%以上を占めている。
図12 受傷部位・機種別割合

図12 受傷部位・機種別割合


参考:農業共済加入者年齢階層別割合

図13 農業共済加入者年齢階層別割合

図13 農業共済加入者年齢階層別割合


 
▲このページのトップへ

 農作業安全情報センターは、 農業・食品産業技術総合研究機構 農業技術革新工学研究センターが運営しています。
 当ホームページの利用について(プライバシーポリシー著作権、免責事項等
 
 ※このメールアドレスは添付ファイルを受け取れません。