新型コロナウイルス感染拡大防止に関するお願い

食と農の科学館では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、以下の方針で運営いたします。皆さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  • 平日のみ開館とし、土曜日・日曜日・祝日は休館いたします。
  • 入館には必ず事前の予約が必要です。事前予約について
  • 30名を超える団体の同時受入れは休止いたします。
  • 案内ガイドは行いません。
  • 給茶機および図書コーナーの利用は中止いたします。

来館時にはマスク着用および、手指の消毒をお願いいたします。また、他のお客様との間隔は、できるだけ2m以上空けてご見学ください。発熱や咳などの症状がある方は、ご来場をお控えください。

なお、食と農の科学館の感染防止へ取り組みは、以下の通り行います。

  • 多くの見学者が触れられる箇所の定期的な消毒
  • 館内の換気

来館者滞在中は、正面入り口を開放いたします。また、開館中においては、通路に面した窓を開放いたします。

事前予約について

まずは、遅くとも前開館日までにお電話で空き状況をご確認の上、以下のいずれかの方法でお申し込みください。事前予約の無い方は入館出来ません。

電話:029-838-8980

ウェブサイトから予約する場合

問い合わせフォーム

Faxで予約する場合

見学予約申込み書 ( Excel PDF )に必要事項をご記入いただき、以下番号宛てに送付してください。

Fax番号:029-838-8982

※予約の際にいただいた氏名・電話番号、メールアドレス等の個人情報については、新型コロナウイルス感染者が発生した場合、保健所等からの照会に使用するものとし、その他の目的に使用することはございません。

Pick UP

農業技術発達資料館の様子。

農業技術発達資料館

畑・稲・養蚕の作業を紹介したパネルと、実際に使われてきた農機具でその移り変わりをみることができます。

Read More
作物見本園

作物見本園

今ではあまり見られなくなった作物、世界的に重要な作物を、春から秋にかけて約100種類栽培しています。

Read More

食と農の科学館とは

日本の農業と食に関連した新しい研究成果や技術を説明したパネルや模型などを展示しています。普段何気なく手にしている農産物がどのように生み出されたものなのか、日々進歩する農業技術、美味しく体にも良い機能性の新品種の紹介など、小学生から農業者まで、さまざまな方々に食や農業に関する学びの機会をご提供します。

また、科学技術週間や子供たちの夏休み期間にあわせ、研究員も多数参加し、楽しみながら食や農業について学べる一般公開イベントも開催しています。

施設のご案内

館内は、日本の農林水産業の持続的な発展を支えている研究成果を紹介するエリアと、農業技術発達資料館の2つのエリアがあります。

研究成果を紹介するエリアでは、映像やパネルを通じ、食料の安定供給に寄与する研究開発や、日本の高い技術力を生かした高品質、高付加価値を持った農産物や食品の研究等についてわかりやすく紹介しています。

農業技術発達資料館では、実際に使われてきた農具類を見ていただくことで日本の農業技術発達の歩みを学ぶことができます。

〒305-8517 茨城県つくば市観音台3-1-1 アクセス
休館 年中無休 (※年末年始、臨時休館を除く) ※当面の間、土曜日・日曜日・祝日は休館
開館時間
入館
無料
※団体の場合、大型バス等で来られる場合には、団体利用のご案内をご確認のうえ予約をお願いします。 ※「事前予約について」を参照ください。
日本語パンフレット
【PDF:4.2MB】
英語パンフレット
【PDF:4.7MB】

▲ PAGE TOP