前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数
情報:農業と環境 No.99 (2008年7月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

三輪哲久 生態系計測研究領域長: 2008年度 日本計量生物学会賞を受賞

農業環境技術研究所の 三輪哲久 生態系計測研究領域長は、2008年度日本計量生物学会賞を受賞し、2008年6月5日に開催された同学会の年次大会で表彰されました。

受賞の概要は以下の通りです。

2008年度 日本計量生物学会賞

三輪 哲久 (農業環境技術研究所)

受賞者は、計量生物学における統計的方法の研究、ならびに実践に関し、理論面および応用に関する多数の顕著な業績を挙げられ、日本計量生物学会の発展に多大な貢献をされました。また、計量生物学会の理事・評議員としても尽力され、その功績は誠に偉大であるので、日本計量生物学会賞を授与します。

<多重比較法に関する最近の主要な論文>

Tetsuhisa Miwa, A. J. Hayter and Satoshi Kuriki (2003). The evaluation of general non-centred orthant probabilities, Journal of the Royal Statistical Society, Ser. B, 65, 223 - 234.

Tetsuhisa Miwa, A. J. Hayter and Wei Liu (2000). Calculations of level probabilities for normal random variables with unequal variances with applications to Bartholomew's test in unbalanced one-way models, Computational Statistics and Data Analysis, Vol. 34, No. 1, 17 - 32.

Wei Liu, Tetsuhisa Miwa and A.J. Hayter (2000). Simultaneous confidence interval estimation for successive comparisons of ordered treatment effects, Journal of Statistical Planning and Inference, Vol. 88, Issue 1, 75 - 86.

A. J. Hayter, Tetsuhisa Miwa and Wei Liu (2000). Combining the Advantages of One-sided and Two-sided Procedures for Comparing Several Treatments with a Control, Journal of Statistical Planning and Inference, Vol. 86, Issue 1, 81 - 99.

Miwa, T. and Hayter, A. J. (1999). Combining the advantages of one-sided and two-sided test procedures for comparing several treatment effects, Journal of the American Statistical Association, 94, 302 - 307.

Tetsuhisa Miwa (1998). Bartholomew's test as a multiple contrast test and its applications, Japanese Journal of Biometrics, 19, 1 - 9.

三輪哲久 (1997). 農業研究分野における多重比較論争, 応用統計学, 第26巻, 第2号, 99 - 109.

前の記事 ページの先頭へ 次の記事