前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数(画像)
農業と環境 No.139 (2011年11月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

農業環境技術研究所公開セミナー 「微生物ゲノム情報の活用による温室効果ガス研究の新展開」(12月6日)

農業環境技術研究所は、12月6日(火曜日)午後、エポカルつくば(つくば)において、農業環境技術研究所公開セミナー 「微生物ゲノム情報の活用による温室効果ガス研究の新展開」 を開催します。

開催趣旨

農耕地において微生物は物質循環の駆動力として機能しており、作物の生育や地域・地球環境に大きな影響を与えています。農耕地では近年、温室効果ガスである一酸化二窒素やメタンが急速に増加していますが、その原因はこれらのガスの発生に関与する微生物活性の上昇によります。

土壌中の多くの微生物は培養が困難であるため、ガス発生に関与する微生物の生態や機能は不明でした。しかし、最近、環境中の遺伝子を解析する分子生態学的手法、さらには全微生物ゲノムを解析するメタゲノム解析技術が進展したことにより、重要な微生物の多様性や機能に関する知見が蓄積しつつあります。

この公開セミナーでは、ゲノムおよびメタゲノム情報を活用して、生態系において温室効果ガス発生に関与する微生物の研究に取り組み、先進的な成果をあげている研究者の講演を通じて、農業環境分野におけるゲノム情報の活用と物質循環の制御に向けた将来方向について議論します。

開催日時: 2011年12月6日(火曜日) 13:00−17:10

開催場所: エポカルつくば(つくば国際会議場)(中ホール300)
茨城県つくば市竹園2−20−3 (周辺地図

参加: 無料
参加を希望される方は、参加登録 をお願いします。

詳細: 農業環境技術研究所公開セミナー「微生物ゲノム情報の活用による温室効果ガス研究の新展開」 (2011年12月6日) 開催案内 をご覧ください。

公開セミナー「微生物ゲノム情報の活用による温室効果ガス研究の新展開」開催案内ポスター
開催案内ポスター
(PDFファイル 1.0 MB)

前の記事 ページの先頭へ 次の記事