前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事
農業と環境 No.189 (2016年1月4日)
国立研究開発法人農業環境技術研究所

第33回土・水研究会 「水稲におけるヒ素吸収抑制技術」(2月25日)

国立研究開発法人農業環境技術研究所は、2016年2月25日(木曜日)、つくば農林ホール(つくば市観音台)において、第33回土・水研究会 「水稲におけるヒ素吸収抑制技術」 を開催します。

国際食品規格の策定を行っているコーデックス委員会は、平成26年7月、精米に含まれる無機ヒ素の最大基準値を 0.2 mg/kg と設定し、玄米についても無機ヒ素の最大基準値を継続審議しています。また、わが国の食品安全委員会は、平成25年12月に食品中ヒ素に関する評価結果を公表しました。食品を通じて摂取したヒ素による明らかな健康影響は認められず、ヒ素について食品からの摂取の現状に問題があるとは考えていないとの見解が示された一方で、関係する行政機関に、これまで行ってきた食品中のヒ素の汚染実態を把握するための調査、ヒ素のリスク低減方策に関する研究等を、さらに充実して取り組むように要請がなされました。無機ヒ素の摂取については米の寄与が大きいことから、農林水産省では、委託プロジェクト 「食品の安全性と動物衛生の向上のためのプロジェクト」 において、水稲におけるヒ素のリスクを低減する栽培管理技術の開発を実施しています。

そこで本研究会では、水稲のヒ素吸収抑制に関して、上記の委託プロジェクトで得られた最新の研究成果を紹介するとともに、わが国における食品中のヒ素に関する食品安全行政、ならびに無機ヒ素の分析の妥当性確認と摂取量推定、ヒ素摂取に伴う発がんリスクに関する話題提供をいただき、食品安全を図る上での水稲のヒ素低減の重要性を考えます。

日時: 2016年2月25日(木曜日) 10:30−16:30

場所: つくば農林ホール(農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター2階) (茨城県つくば市観音台2-1-9)[交通案内]

参加費: 無料 (事前登録をお願いします。)

主催: 国立研究開発法人 農業環境技術研究所

後援: 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構

詳細: プログラム、参加登録については、第33回土・水研究会 「水稲におけるヒ素吸収抑制技術」 開催案内ページ をご覧ください。

前の記事 ページの先頭へ 次の記事

2000年5月からの訪問者数(約190万人)