農業環境技術研究所 最終更新日: 2010年4月12日 NIAESロゴ

4月の公開セミナー

農業環境技術研究所
セミナー開催記録
4月13日(火曜日) 土壌環境研究領域セミナー (平成22年度 第1回)
4月26日(月曜日) 気象談話会 (第506回)
4月28日(水曜日) 農業環境インベントリーセンターセミナー (平成22年度 第1回)

土壌環境研究領域セミナー
(平成22年度 第1回)

日時: 平成22年4月13日(火) 
16:00~17:00
場所: 453会議室
テーマ 講演者 連絡先
Formation of serpentine soils and its effects on Cr and Ni dynamics in the agro-environment 許 正一 氏
(國立屏東科技大學)
Prof. Zeng-Yei Hseu
(National Pingtung Univ. of Science and Technology)
前島
電話 838-8314
内容

Serpentine soils are not derived merely from ultramafics but also from those with a hydrothermal alternation of ultramafic minerals and a presence of serpentine minerals. However, serpentine soils are often ecology or environmentally important due to high levels of potentially toxic metals such as Co, Cr, Mn, and Ni, low concentrations of P and K, low Ca/Mg ratios, unique flora, and unique physical properties. Although serpentine rocks and soils cover only a small area of the Earth’s terrestrial surface, they are abundant in ophiolite belts and have been typically found within regions of the Circum-Pacific margin and Mediterranean. Pedological studies of parent material weathering in serpentine soils are numerous and have been undertaken on a global scale: in Europe, North America, South America, and the South Pacific Ocean. However, such studies on the ultramafic complexes in the island groups of the West Pacific Ocean are relatively rare. In this presentation, case studies of Taiwanese serpentine soil were illustrated in the mineral weathering processes associated with the origin and mobility of Cr and Ni by bulk soil extraction, spectroscopy, and mass balance model. In addition, a pot experiment of rice indicated that soluble Cr and Ni in the serpentine soil and rice grain uptake significantly increased with different fertilization treatment. For the research need in the future, quality evaluation of serpentine soils for crop health in different cropping system should need to be paid more attention for the agro-environmental sustainability.

気象談話会
(第506回)

日時: 平成22年4月26日(月)
15:30~17:00
場所: 547会議室
テーマ 講演者 連絡先
中国科学院地理科学及資源研究所の研究領域とその注目している三つの地域的な環境問題 于 貴瑞
(中国科学院地理科学及資源研究所)

電話 838-8435
内容

中国科学院地理科学及資源研究所の役割と研究領域を総括するうえで、特に農環研が注目している三つの地域的な環境問題である、華北平原の食料生産と 水資源、南方赤色土壌山地の総合利用と森林生態、チベット高原の生態系と気候変動について紹介し、共同研究の議題とアプローチについて意見交換を行いたい。

農業環境インベントリーセンターセミナー
(平成22年度 第1回)

日時: 平成22年4月28日(水) 
13:30~15:00
場所: 547会議室
テーマ 講演者 連絡先
河川性植物の多様性に合流が及ぼす
影響に関する研究

A study of effects of river confluences on plant diversity in river ecosystems
大澤 剛士
(農環研)
OSAWA Takeshi
(NIAES)
高田
電話 838-8272
内容

河川の合流は自然河川であれば必ず存在する一般的な地形ですが、その存在は河川生態系における生物多様性の維持に重要な役割を持っています。本セミナーでは、演者がこれまで行ってきた河川の合流と植物の種多様性に関する研究を紹介したいと思います。

テーマ 講演者 連絡先
糸状菌の硫黄還元反応に関わる
グルタチオン系の機能解析

The function of the glutathione system involved in filamentous fungal sulfur reduction
佐藤 育男
(農環研)
SATOH Ikuo
(NIAES)
高田
電話 838-8272
内容

近年、カビが低酸素条件下で元素状硫黄を還元し、硫化水素を生成する現象が見出されている。演者はカビの硫黄還元反応に関与する酵素を特定し、グルタチオン系がこの反応に関わることを明らかにした。また、好気条件下でのカビのグルタチオン系の機能についても解析したので紹介する。

このページの先頭ヘ

3月の公開セミナー セミナーに関するお問合せは各セミナーの連絡先へ直接お願いします 5月の公開セミナー
独立行政法人 農業環境技術研究所
305-8604 茨城県つくば市観音台 3-1-3
TXイラスト
研究所までの交通案内
広報情報室広報グループ(kouhou@niaes.affrc.go.jp