【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

コメノシマメイガ

和名

コメノシマメイガ [メイガ科]

英名

black rice worm

学名

Aglossa dimidiata (Haworth) [Pyralidae]

分布

アジア。

形態

【幼虫】老熟幼虫の体長は23mm内外。頭部は赤褐色、胴部は黒褐色。
【成虫】羽を広げると21-26mm。前翅は褐色で、淡褐色のジグザグ状の帯がある。

加害する食品

穀類。

生態

製粉工場などで、砕米や塵などを綴った中で生活する。

備考

コメノシマメイガとは米の縞螟蛾の意。別名コメシマネイガ。また、幼虫の体色が黒いことからコメノクロムシガ(米の黒虫蛾)とも称される。

画像

コメノシマメイガ
コメノシマメイガ
コメノシマメイガの幼虫
コメノシマメイガの幼虫
【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2018年7月27日