入会のご案内
お問い合わせ
開発のご要望
・技術提案

活動について

Our Objectives

活動趣旨

 農業構造の大きな変化の中で新たな農業機械・システム化に当たっては、競争力強化に役立つ先端技術開発を進めること、農業機械の低コストに向けた取組を進めること、農作業安全の一層の強化が求められています。
 競争力強化については、スマート農業の展開が急務となっています。また、異分野の企業や研究機関とも連携したロボット技術体系の早期構築、野菜・果樹等地域農産物に係る未機械化分野の機械開発とシステムの加速化が必要となっています。
 低コスト化については、農業機械の国際化も視野に入れた、部品・仕様の標準化の取組、農業機械の道路走行対応などの技術的観点や社会システムなど横断的な取組が必要です。
 農作業安全については、関係省庁や地方自治体と連携した事故実態調査及び分析を徹底的に行い、安全技術・システムの開発などリスク分析に基づいた農作業安全に資する技術開発が必要です。また、今後普及が見込まれる農業ロボットの安全確保が求められています。
 農業機械研究部門では、これらの課題に着実に対応するため、先端・基盤研究の拠点機能、安全検査や安全研究の拠点機能、担い手ニーズに応じた開発改良の結節点機能を果たすべく、熱意のある皆様とともに新たな農業機械化を推進するための幅広い産学官連携のプラットフォームとして「農業機械技術クラスター」を立ち上げました。