【豆知識】

貯穀害虫・天敵図鑑

グラナリアコクゾウムシ

和名

グラナリアコクゾウムシ [ゾウムシ科]

英名

granary weevil

学名

Sitophilus granarius (Linnaeus) [Curculionidae]

分布

冷温帯に広く分布するが、日本への定着は確認されていない。

形態

【幼虫】白いウジ状。
【成虫】成虫の口吻は前方に長く突出する。体色は茶褐色~黒褐色。体長は2.5-4mm。 飛翔能力がない。コクゾウムシ、ココクゾウムシより大型であり、前胸背の点刻がコクゾウムシ、ココクゾウムシでは丸いのに対し、縦長である。

加害する食品

麦、トウモロコシなどの穀物。

生態

健全な穀粒を加害する。象の鼻のような口吻で穀物に穴をあけて卵を産みこむ。孵化した幼虫はそのまま穀物の中で発育して蛹になり、成虫となって穀物から出てくる。25~30℃、70%RH条件では、産卵から成虫の出現まで約1ヶ月間かかる。成虫も穀物を食べる。

防除方法

清掃をよくし、こぼれた米粒などを放置しない。貯蔵穀物をくん蒸する。

備考

輸入穀物における植物検疫で問題になる。

画像

グラナリアコクゾウムシ
グラナリアコクゾウムシ
【上にもどる↑】 

関連情報

【上にもどる↑】 

更新日:2019年02月01日