<前の質問へ 次の質問へ>
QⅦ-5 特定遺伝子組換え農産物とは何ですか?

 従来の同種作物と比べたときに、組成、栄養価、用途などが著しく異なる遺伝子組換え農産物のことです。脂肪酸組成の異なる高オレイン酸ダイズ、ステアリドン酸ダイズと、アミノ酸組成の異なる高リシントウモロコシの3種類があります(2015年1月現在)。

 これら特定遺伝子組換え農産物を「分別生産流通管理」して使用している場合には、『○○○遺伝子組換え』と表示する義務が課せられています。例えばダイズ(高オレイン酸遺伝子組換え)』となります。

 特定遺伝子組換え農産物を意図的に混合して使用している場合には、『○○○遺伝子組換えのものを混合』と表示する義務が課せられています。例えば『ダイズ(高オレイン酸遺伝子組換えのものを混合)』となります。

 特定遺伝子組換え農産物を用いた場合には、指定加工食品や酒類以外の、一般の加工食品でも表示の義務があります。例えば食用油でも表示が必要です。

参考; 安全性審査の手続を経た旨が公表された遺伝子組換え食品及び添加物一覧(2015年1月15日)[PDF](厚生労働省)