<前の質問へ 次の質問へ>
QⅧ-11 遺伝子組換え農作物が野生植物と交雑し、野生植物への影響が出ることはありませんか?

 遺伝子組換え農作物の生物多様性への影響評価のうち、遺伝子組換え 農作物と近縁の野生植物の交雑性については、まず、遺伝子組換え農 作物と交雑可能な近縁の野生種の有無を確認し、近縁の野生種がある 場合は、

遺伝子組換え農作物と野生植物の交雑が起こる可能性
遺伝子組換え農作物に導入された遺伝子が野生種の集団中に拡がっていく可能性
遺伝子組換え農作物と野生植物との雑種が拡がって野生種集団の維持に影響を及ぼす可能性

 等について、最新の科学的知見に基づき申請者が評価し、その評価の妥当性を生物多様性影響評価検討会で確認しています。

 このような過程を経て、これらの可能性について問題がないと確認されたもののみに、その使用が認められることとなりますので、実用化されている遺伝子組換え農作物が非遺伝子組換え農作物と同様に野生植物と交雑しただけでは、野生植物へ影響が出ることはないと考えられます。