<ま行へ ら行へ>

や行

雄性不稔(Male Sterility)
【用語説明】  温度などの環境要因や遺伝的要因により、受精可能な花粉(雄性配偶子)をつくることができない現象。子房(雌性配偶子)は正常で、他の個体からの花粉が受粉することにより種子をつくることができる。 一代交雑品種(少し遠縁の品種同士を掛け合わせた次の世代は組合せによっては両親より性質が優れている場合がある)の種子を生産する際、除雄(おしべを取り除く作業)が不要であることから利用されることがある。
葉緑体(Chloroplast)
【用語説明】  光合成を行う細胞内の組織で植物細胞に存在する。
 光と二酸化炭素と水から有機物と酸素を作る働きを持ち、固有の遺伝子を持つ。多くの植物の葉には、1細胞当たり数十個〜百個以上の葉緑体が存在する。
 葉緑体は二重の膜に囲まれ、内部はストロマとチラコイドという物質でできている。
 植物はチラコイドに含まれるクロロフィルという色素のため、緑色に見える。