トップページへ  農作業安全ポイント   乗用トラクター

  HOME  農作業安全ポイント  乗用トラクター


HOME

農作業全般
全機種共通

乗用トラクター
  ポイント1 道路走行時の左右ブレーキ連結
  ポイント2 乗用トラクターの作業機の下は危険
  ポイント3 けん引時の後方転倒を防ぐ

歩行用トラクター
コンバイン
刈払機
その他の機械





【ポイント1】 道路走行時の左右ブレーキ連結

《なぜ》

 乗用トラクターのブレーキは、左右が分かれているので、小回りが効き便利です。しかし、ほ場から道路へ出る際や道路走行時に、連結操作を忘れ、転落・転倒する事故が多く起きています。

《対策ポイント》
    以下の状況になる前に、必ずトラクターの左右ブレーキの連結を確認します。
      1)ほ場へ出入りする
      2)移動走行する
      3)傾斜地作業をする
      4)畦を乗り越える
      5)トラック等へ積み込む

ブレーキ連結
道路走行する前に、必ずトラクターの左右ブレーキの連結を確認します。


《追加のヒント》
  1. 最近は、ハンドルを大きく切ると自動的に片ブレーキが利く機械や、「片ブレーキ表示装置が装備されている機械があります。使用方法をよく理解して使用しましょう。
  2. 移動走行時では、旋回できなくなるのでデフロックを解除します。

    ※デフロック:左右の車軸を同じ回転速度で回るように、ディファレンシャル歯車を連結する装置。地面の凹凸やぬかるみで片側車輪のみスリップして走行しにくい場合等に使用する。

【 PDF版 】 (217KB)


▲このページのトップへ

【ポイント2】 乗用トラクターの作業機の下は危険

《なぜ》
  1. トラクター作業中に作業機から異音がすると、慌てて機械の中や下をのぞきこみたくなります。これは、非常に危険です。
  2. 安全な状態にして点検調整を行いましょう。

《対策ポイント》

 以下の対策を施してから、点検、調整を行います。
  1. 作業機を上げます。
  2. 昇降部の油圧ロックを掛けます。
  3. 駐車ブレーキを掛けます。
  4. エンジンをOFFにします。
  5. ブロック等を作業機の下に入れ、支えにします。

作業機落下
勢いよく動くものへ不用意に手を出すのは危険です。

《追加のヒント》
  1. 一部のトラクターは、エンジンを止めると自然に油圧が下がる構造になっています。注意が必要です。
  2. 機械が勝手に走り出すことがあり、前後にも注意が必要です。

《ヒヤリ、事故》
  1. トラクターからロータリーを外す際、ロータリーの爪が足の指に乗ってケガをした
  2. トラクターのロータリーを調整しようとした時に誤ってロータリーの油圧を下げてしまいケガをした。
  3. ロータリーの調子を見ていたとき、トラクターがひとりでにバックしてきて、下敷きになり左右の足と肋骨を負傷した。
【 PDF版 】 (149KB)


▲このページのトップへ

【ポイント3】 けん引時の後方転倒を防ぐ

《なぜ》
  1. ぬかるみにはまったトラクタや切り株を引っ張る時に、後方転倒することがあります。
  2. トラクターは中心より後側に重心があることが多く、後方転倒しやすなっています。
《対策ポイント》
  1. トレーラー等をけん引する場合には、専用のけん引かん(ドローバー)を使用します。
  2. ワイヤーやスリングでけん引する場合には後車軸より低い位置に結び付けます。
  3. 3点リンクのロワーリンクでけん引する作業機では、ロワーリンクを後車軸より低く保持します。

けん引図1
図1 ワイヤーやスリングでけん引する場合には後車軸より低い位置に結び付ける。


けん引図2
図2 ロワーリンクでけん引する作業機(写真はテッダレーキ)はリンクを後車軸より低く保持します。


《追加のヒント》
  1. 万が一に備えて、トラクターはへ安全フレーム、キャブを装着したものを使います。
  2. けん引時は、ジャックナイフ現象による側方転倒や、重量増加によるブレーキの効き目低下等危険性が高まります。
  3. 急旋回禁止や速度コントロールに配慮しながら運転します。
【 PDF版 】 (269KB)


▲このページのトップへ

 農作業安全情報センターは、 農業・食品産業技術総合研究機構 農業技術革新工学研究センターが運営しています。
 当ホームページの利用について(プライバシーポリシー著作権、免責事項等
 
 ※このメールアドレスは添付ファイルを受け取れません。