生物系特定産業技術研究支援センター

ムーンショット型農林水産研究開発事業

事業概要

生物系特定産業技術研究支援センター(生研支援センター)は、未来社会を展望し、困難だが実現すれば大きなインパクトが期待される社会課題等を対象として、人々を魅了する野心的な目標(ムーンショット目標)の達成に向け、農林水産省が挑戦的研究開発を推進すべき分野・領域等を定めた研究開発構想に基づき、ムーンショット型農林水産研究開発事業を実施します。

事業の設立経緯

内閣府が主導する「ムーンショット型研究開発制度」は、我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来技術の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発(ムーンショット)を推進するものとして創設されました。

当該制度では、総合科学技術・イノベーション会議がムーンショット目標を決定し、農林水産省、文部科学省、経済産業省、厚生労働省が研究開発構想を策定する予定です。また、挑戦的研究開発に係る業務を行う法人として、JST、NEDOに基金が設置され、令和元年度には、生研支援センター等に基金が設置される予定です。

公募

  • 「ムーンショット型農林水産研究開発事業プログラムディレクター候補者」の公募を開始しました。
    Call for Program Director on the Moonshot Goal (5)

ムーンショット型農林水産研究開発事業プログラムディレクター募集要項
Application Guideline for Program Director on the Moonshot Goal (5)
日本語 (PDF : 252.4 KB) / English (PDF : 149.1 KB)