採用情報

農研機構に就職をお考えの方へ

農研機構では「みなさまと共に食と農の未来を創ります」のビジョンステートメントのもと、農業・食料・環境に関する研究開発から成果の社会還元に貢献するため、様々な職種の職員が一体となって業務を遂行しています。ここでは、職員(研究職員及び一般職員等)の採用情報並びに契約職員等の採用情報を掲載しております。

募集中の採用一覧

2019年1月18日 【勤務地: 東京都千代田区または茨城県つくば市】
特定任期付職員 (一般職員) 募集要領
業務内容: 新たに設置された農業情報研究センターでは、農業AI研究の推進及び農業データ連携基盤の運営に関して相互連携を図りつつ、一体的に推進することを目指し、AI用高性能計算機(スパコン)およびデータベース等からなるAI研究データプラットフォームを構築することとしている。 その構築にあたっては、AI用高性能計算機、データベースおよび高速ネットワークシステムに関する設計・構築・運用、情報セキュリティ管理などが必要であり、採用予定職は、技術的知見や経験を発揮して、これらの専門業務を行う。
2019年1月18日 【勤務地: 茨城県つくば市】
食品研究部門 農研機構特別研究員の募集について(食品流通システムユニット)
業務内容: 当研究部門にて内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)として実施している研究課題「メタボロームおよびトランスクリプトーム解析と鮮度の生理的指標化」において、キャベツ、レタスおよびそれらのカット野菜における遺伝子発現の変化や内容成分の変化を解析し、鮮度の指標とする遺伝子あるいは物質を明らかにする研究業務
2019年1月18日 【勤務地: 北海道河西郡芽室町】
北海道農業研究センター(芽室)契約職員(契約研究員)の募集について (大規模畑作研究領域)
業務内容: 革新事業(うちAIプロ「露地野菜の集荷までのロボット化・自動化による省力体系の構築」)に係る研究業務、タマネギ(バレイショ)収穫機の自動化に向けた作物センシングおよび作業機制御技術の開発、農薬散布などの野菜生産における精密管理技術の開発、II期SIP(バイオ農業)「生産から流通までのデータ連携による最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築」、高精度な生産・出荷調整が可能な生産管理技術の開発(バレイショ、キャベツ)のいずれかあるいは複数
2019年1月17日
契約職員(研究補助)の募集/本所(熊本県合志市)
2019年1月16日
契約職員(事務補助)の募集/久留米研究拠点(福岡県久留米市)
2019年1月11日 【勤務地: 茨城県つくば市】
次世代作物開発研究センター契約職員(契約研究員)募集要領
業務内容: JST戦略的創造研究推進事業のCREST研究課題「ROOTomicsを利用した環境レジリエント作物の創出(平成29年度~平成34年度)」に従事します。主な業務内容は、X線CT装置やマルチカメラシステム、光合成測定器などの機器を用いたイネの大規模な表現型解析や機能解析などを通して、作物モデル構築をグループメンバーと共同で実施していきます。
2019年1月11日 【勤務地: 茨城県つくば市】
次世代作物開発研究センター契約職員(研究補助)募集要領 / フィールドオミクスユニット
業務内容: 実験室内でのRNA抽出、PCR等。温室や圃場における作物の調査補助、データ入力等。
2019年1月11日 【勤務地: 茨城県つくば市】
次世代作物開発研究センター契約職員(研究補助)募集要領 / フィールドオミクスユニット
業務内容: 実験室内での研究補助業務、温室や圃場における調査補助、データ入力等。
2019年1月11日 【勤務地: 茨城県つくば市】
農業環境変動研究センター 契約職員(補助員(研究助手))の募集について / 環境情報基盤研究領域土壌資源評価ユニット
業務内容: 土壌データベースの整備に関する業務
2019年1月11日 【勤務地: 茨城県つくば市】
本部契約職員(補助員)募集要項【採用者が決定次第締切】(応募番号00-17-4)
業務内容: 出勤簿・休暇簿の整理、契約職員の作業日誌の整理等を中心に、科長が執り行う事務作業の補助を担当

採用の基本的な考え方、採用方法等

職員(研究職員・一般職員)の新規採用については、「新規職員採用サイト」をご覧下さい。
契約職員の採用については、募集を行っている各研究センター等にて、選考が行われます。

募集

人材育成

農研機構の人材育成プログラムについてご紹介します。

詳しくはこちら