トップページへ  農業機械の安全装備いろいろ/農用高所作業機   農業機械の各種安全装備をシリーズで解説します。

  HOME  安全な農業機械を選びたい  農業機械の安全装備いろいろ  農用高所作業機


HOME

全機種共通
乗用トラクター
刈払機
歩行用トラクター
自脱型コンバイン
普通型コンバイン
乾燥機(穀物用循環型)
田植機
農用高所作業機
  【その1】
  【その2】
単軌条運搬機

【 その1 】 安定性
 果樹園などでよく用いられる農用高所作業機にはブーム式(図1)やデッキ式(図2)といったものがあります。農用高所作業機はその名のごとく、高所で作業をするための機械であり、農業機械の中でも特に安定性が求められる機械の1つです。そこで農業機械安全性検査では、静かに傾けた時に転倒する角度(静的転倒角)を測定し安定性の確認を行っています。
 農用高所作業機について、例えば走行可能な状態では、最も不安定な状態(張り出し板及びアウトリガーのある場合は格納)で最大積載荷重時の前後左右方向の静的転倒角を、いずれの方向も15度以上としています(図1、2)。このように安全性検査では安定性を確認していますが、実際に作業をされる時はくれぐれも過積載にならないようにしましょう。また、凹凸のある場所や傾斜地での高所作業は大変危険ですのでやめましょう。




▲このページのトップへ

【 その2 】 走行速度
 安定性との関わりが深いものとして走行速度があります。農用高所作業機には高所作業時(ブームやデッキを上昇させた状態)に自走できるものがありますが、高所作業時に高速走行することは、安定性にとっては不利な状態ですので、転倒の可能性が高まり、大変危険です。そこで農業機械安全性検査では、作業台の高さが地面から2m以上の時には、1km/hを超えて自走できない構造であることを要求しています。 このように安全性検査では高所作業時の走行速度に制限を設けていますが、できれば高所作業時の自走は控えるようにしましょう。

▲このページのトップへ


 農作業安全情報センターは、農研機構 農業機械研究部門が運営しています。
 当ホームページの利用について(お問合せプライバシーポリシー著作権、免責事項等