トップページへ  農業機械の安全装備いろいろ/乾燥機(穀物用循環型)   農業機械の各種安全装備をシリーズで解説します。

  HOME  安全な農業機械を選びたい  農業機械の安全装備いろいろ  乾燥機(穀物用循環型)


HOME

全機種共通
乗用トラクター
刈払機
歩行用トラクター
自脱型コンバイン
普通型コンバイン
乾燥機(穀物用循環型)
  【その1】
田植機
農用高所作業機
単軌条運搬機

【 その1 】 異常燃焼防止装置
 ほとんどの乾燥機では、火炉により高温の熱風を発生させます。通常火炉は制御されていますが、何らかの異常が発生した際にも火災にならないよう、安全装置が設置されています。
 農業機械安全性検査では、乾燥機の火炉の安全装置について次のように定めています。
@燃料を止めると同時に停止するバーナーであること。
A温度・風量の異常、失火の時には燃料を止める構造であること。
 安全性検査合格機では、この対策として、ガンタイプバーナーまたはロータリーバーナーが使用されています。また、熱風の温度を検知する温度センサー、風量を検知する風量センサー、バーナーの失火を検知するフレームアイ等が装備され、これらが異常を発見すると、制御装置により燃料の供給が止まるようになっています。また、多くの機種では、エラーコードなどで制御盤に異常が表示されるようになっています。
 乾燥機の異常燃焼は火災につながります。安全装置の状態に常に注意すると共に、取扱説明書を熟読し、作業中も手もとに置くようにして下さい。

図 乾燥機の安全装置の一例

▲このページのトップへ


 農作業安全情報センターは、農研機構 農業機械研究部門が運営しています。
 当ホームページの利用について(お問合せプライバシーポリシー著作権、免責事項等